[ゆけむり通信 番外2011]

  • 4/13/2011
    『愛のプレリュード』
    『ル・パラディ~聖なる時間(とき)~
  • 4/19/2011
    『四月大歌舞伎 夜の部(絵本太功記/男女道成寺/権三と助十)』
  • 4/21/2011
    『四月大歌舞伎 昼の部(お江戸みやげ/一條大蔵譚/封印切)』
  • 5/9/2011
    『團菊祭五月大歌舞伎 昼の部(女暫/汐汲/極付幡随長兵衛)』
    『團菊祭五月大歌舞伎 夜の部(蘭平物狂/弁天娘女男白浪/春興鏡獅子)』
  • 5/10/2011
    『バラの国の王子』
    『ワン~私が愛したものは…~
  • 5/13/2011
    『源平布引滝』
    『九代目竹本源太夫 二代目鶴澤藤蔵 襲名披露口上』
    『傾城恋飛脚』
    『二人禿』
    『絵本太功記』
    『生写朝顔話』
  • 5/15/2011
    『レ・ミセラブル』

2011年 4月~ 5月前半国内観劇記

 東京宝塚劇場花組公演は真飛聖のサヨナラ公演。
 第 1部が『愛のプレリュード』、第 2部が『ル・パラディ~聖なる時間(とき)~』
 第 1部は脚本がヒドかった。なにもサヨナラ公演に、大劇場の作・演出が初っていう“先生”を持ってこなくても……と思ってしまう。まあ、例によって、第 2部のショウできちんとまとめて面目を保っていたが。
 次のトップは今の2番手が昇格するんじゃないみたいで。宙組の蘭寿とむが移籍してトップになるのだとか。宝塚の人事も、いろいろと大変そうです。

 新橋演舞場の『四月大歌舞伎』は、事実上の(半)團菊祭。
 昼の部が『お江戸みやげ』『一條大蔵譚』『封印切』、夜の部が『絵本太功記』『男女道成寺』『権三と助十』
 團菊(團十郎・菊五郎)が出るのは『一條大蔵譚』『絵本太功記』『封印切』は、藤十郎・扇雀父子、我當・秀太郎兄弟の関西勢中心。大車輪の活躍は昼夜 2本ずつ出る三津五郎。どんどん素晴らしくなるのが菊之助。
 初めて観て面白かったのが、川口松太郎作の『お江戸みやげ』。ユーモラスな人情話で、役者もみんないい感じ。いつもは何か物足りない気がする翫雀の意外な女形が、実によかった。

 松竹座の 5月は昨年に続き(こちらは正真正銘の)『團菊祭五月大歌舞伎』。なので、演目は違うが、顔ぶれは前月の新橋演舞場とほぼ同じ。昼の部が、時蔵・松緑・菊之助で『女暫』、藤十郎・翫雀の『汐汲』、團十郎・菊五郎で『幡随長兵衛』、夜の部が、松緑の『蘭平物狂』、菊五郎・左團次・團十郎で『弁天娘女男白浪』、菊之助の『春興鏡獅子』
 やっぱり團菊が出る 2つが、演目から言っても文句なく面白かったのだが、それとは別に、新橋の時にも書いたように、心境著しい菊之助を観るのが楽しい。

 東京宝塚劇場月組公演は、『バラの国の王子』『ONE~私が愛したものは…~』
 前者は『美女と野獣』の翻案だが、なんでも、ディズニー版に比べ、より原作に沿ったものなのだとか。それはともかく、脚本・演出が木村信司なので、理屈っぽい。でもって、二元論的な世界観。なので、残念ながら物語としての膨らみが足りない。せっかくの霧矢大夢なのに、もったいない。
 後者のショウは、後半、唐突に“宝塚愛”を歌うので、ちょっと驚いた。まだ、サヨナラ公演じゃないよね、とか(笑)。

 『源平布引滝』『傾城恋飛脚』、第 2部が『二人禿』『絵本太功記』『生写朝顔話』は、国立劇場の文楽公演。前の 2つが第 1部、残り 3つが第 2部。第 1部の真ん中では襲名披露も。
 ウトウトしながらも楽しみました(笑)。

 『レ・ミゼラブル』は、スペシャル・キャスト版。今の演出では最後の公演だとか。
 今度こそ最後の出演だと思って島田歌穂を観に行ったわけだが、「On My Own」を歌い始める直前に劇場の空気が変わるような気がするのはファンの欲目か。
 それはともあれ、改めて思った。エポニーヌって、ある意味儲け役だな、と。と言うのは……。
 もう 1人のヒロイン(ちなみに、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のヒロインはコゼットではない)であるファンテーヌの見せ場は、第 1幕序盤のバタバタした展開の中なので、今ひとつ感情移入しきれない。それに比べると、エポニーヌの見せ場は第 2幕が始まってすぐなので、観客が大筋を理解している上に、第 1幕後半ですでにエポニーヌに感情移入している。メロディの刷り込みも行なわれている。でもって、バリケード最初の犠牲者になる。これには誰でもグッと来てしまうだろう。
 もっとも、そんな目立つ役だから、役者がうまくないとどうしようもないのだが。
 今回の上演には、ときどき公演を見に行く劇団ステップスの吉川恭子も出演。岩崎宏美のファンテーヌを相手に、負けてない力強い歌声で張り合って、首飾りだかなんだかを安く買い取っていた。お見事。

(10/8/2011)

Copyright ©2011 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

[ゆけむり通信 番外2011]
TITLE INDEX(domestic)


[HOME]