それゲキ・アンケート篇

第1回
日本のミュージカル公演に望むこと
/好きな日本の劇場

 サイト開設1周年記念プレゼント企画のめんどくさいアンケートに、うれしいことに5人の方が、ていねいにお答えくださいました。あんまりうれしくて、みなさんに正規のプレゼントとは別に記念品を差し上げちゃいました(笑)。
 以下に、その内容を発表します。長い方、短い方、いろいろですが、それぞれの立場からの真摯なご意見で、その意味でもうれしかったなあ。

 では、日本のミュージカル公演に望むことから。
 まずは、ズラッと発言していただきましょう。

瀧本三枝さん

 「料金が高い
 「生演奏であるべき
 「男の宝塚がほしい

 料金については、S席=10000円以内が望ましい。ブロードウェイのように当日券の割引があったらいいな。主催者に合理的な態度(空席を埋める努力)、及び将来への対策(若いファンを育てることは最重要だ)を求めます。これは、アメリカにおける芸術振興対策を見習え。

 生演奏は基本でしょ。料金とも関わりの深い問題ですが、テープ使用なのに、S席=10000円以上なんてとんでもない。

 男の宝塚=ジャニーズ事務所になるのかなあ? 10代から歌と踊りの基本を養成することが不可欠です。ジャニーさんは小学生のニッキ(錦織一清)を見て、少年隊を作ろうと思ったらしい。そんな天才は 20年に1人くらいでしょう。じゃ、そろそろ、小学生の中にいるかもしれない。
 
 

はなさん

 プロダクションの売り込み見え見えのキャスティングはやめて、実力のある人を使ってほしい。
 オーケストラの演奏レベルを高めてほしい。
 チケット代には需給を反映させてほしい。
 スタッフ、役者へ、身の程を知れ!!
 
 

典子さん

 とりあえず、学生の私としては第一に「チケットが高い!」ということです。ミュージカルに関わる人数とか期間とか考えたら、高くてもしょうがないといえば、そうなのです。
 でも、一回に10000円とか言われても、交通費とか考えたら、そうちょくちょく何度も見に行けるものではないです。パンフレットも高いし……。
 社会人になったら消える悩みなのでしょうか。

 もう一つ、ぴあとかセゾンでチケットを買うと席が選べません
 コンピュータ任せになってしまうのは、どうにかならないのでしょうか。
 
 

ちほさん

 値段が高すぎます。特に学生の私にとっては……。
 劇団四季とかでは 2000円、 3000円の席がありますが、席数が少ないなあ……。東宝系は高すぎ!! ちょっと厳しいです。
 何とかなりませんかねえ。

 それと、スター制は止めて欲しいです。名前だけで出ている人とかよりも、もっと実力がある人はたくさんいるのではないでしょうか?
 スターさんが出ているので高くなってしまうということなのでしょうか?
 
 

クワストさん(アメリカ在住)

 日本の公演に10年も行っていないのに(あ、去年『美女と野獣』に行ったっけ)おこがましいことを承知でいろいろ注文があります。

a.ソワレの開演があまりに早すぎる
 だいたい6時くらいですよね。映画じゃあるまいし、夕食なんて観客はとらない、もしくは上演中に客席でサンドウィッチでも食べろ(もしくは幕間に)とでも言うのでしょうか?
 こちらはご存知のように8時始まりで、終わるのもまあ11時ごろです。日本だって、いくら電車で来てるからって、まだ11時だったら終電だって間に合うし、とにかくもうちょっと一般会社員のことを考えて開演時間を決めて欲しい。

b.それに関連して、日本だけですよ、マチネがソワレより多い国って。
 子役が出ている演目は特にそう。わけのわからない労働法で子役が夜8時以降出れないからでしょうが、まったく社会人の予定を無視した公演体制にはあきれます。宝塚も公演が11時半とか1時から始まるものばかりだそうですね(あそこはまた1日2公演を平気でほぼ毎日やってるし)。
 日本の役者はもちろん組合なんてないんでしょうね、だからこき使われても文句言えない。これがアメリカでやられたら大変なことになりますよね。
 あ、だから来日公演とかあまりできないのかしら? 日本の公演日程のようなこと絶対に無理ですよね。

c.プログラムは値段の割りに写真も多くていいこともあります。でもプレイビルみたいな無料の冊子も配って欲しいです。そうでなくてもチケット代が高いのだから。

d.チケット代の問題は言うまでもないでしょう。
 版権を払っていて元をとらないとっていう営利主義なのは充分承知していますが、帝国劇場の『レ・ミゼラブル』なんて劇場が半分埋まるくらいで丁度元が取れるようなシステムになっていたという噂を聞いて、また激怒しました。
 赤坂のほったて小屋なのにほとんどがS席で、C席なんて一番後ろの2列くらい。もちろんそういう安い席はあっという間に売り切れますし。
 だいたい、当日券の売れ残りを半額でうるシステムが全くないのは日本くらいですよ。席を空けておくより半額でもとって埋めたほうがいいと思うのはシロウトっぽい考えでしょうか?

e.また商業演劇は特に団体に頼り過ぎる
 これはもう劇場が企業とべったりだからしかたないことかもしれないけど、団体の貸し切りをいれたら一応チケットは前もってさばけることが確かだから、演目の出来不出来をそんなに気にしなくてもよくなっちゃうんです。四季だって会員予約であっという間に一般販売前に売り切れるでしょう。
 本当に客を大事にしないところだなって印象を受けます。

f.四季といえばキャストフォンなんてバカげたまねは止めて欲しい
 お客が自分の贔屓の俳優を目当てに舞台を見に行くのは当然です。また俳優で客を呼べるようにならないと一流とは言えないでしょう。
 浅利さんは、毎舞台常に高いレベルで演じて誰がやっても満足するような舞台を見せると豪語していますが、そんなわけないでしょう。まあ、東宝みたいに鹿賀、滝田に一生バルジャンをやらせてしまって新人を育てないっていう姿勢も許せませんが、ころころ配役を変えて役者をあちこち飛ばしたら、同じキャストで一つの舞台を練り上げていくこともできず、バラバラの印象を得ることが予想されます。大体マニュアル通りにやっていればミュージカルを演じることができるわけじゃないんだから。
 とにかくチケットを買った時点で誰の舞台を見ることが出来るのかわからないシステムなんて本当に許せません。

g.キャスティングに関してですが、これはもう定着してるから変えようがないでしょうが、テレビで顔が売れてるからって安直に舞台に載せないで欲しい
 でも、これは観客にも責任があるんですよね。知らない人の出ている舞台は見に行かないという傾向が強いし。作品に惚れこんで見に行くようにならないと、この風潮は変わりませんね。

 なんか、日頃の欝憤をはらしているようで、申し訳ないですねぇ。これで日本でミュージカルを本当に見ていたらもっと注文が出てくるだろうなあ。

 共通して出てくるのが、料金の問題です。
 高いと感じるのは、料金に内容が見合ってないからでしょうか。はなさんの、「需給を反映させてほしい」というのは大原則のような気はします。でも、内容と関わりなくチケットが売れたりするからなあ。
 半額チケットや安い席っていうのは、ほしいですよね(学生の方ならずとも、質的な水準が現状のようだと)。その点、日生劇場の 3000円席はありがたい。新宿コマも安い席がありますが、あそこのミュージカル公演は設計的につらい。他の劇場はどうでしたっけ?
 そう言えば、93年の『ガイズ・アンド・ドールズ GUYS AND DOLLS』の来日公演の時、売れ行きが芳しくなくて途中から当日の割引チケットを売ったと思うけど、少しは売れたのかなあ。どなたか買った方いらっしゃいますか?

 チケットに関しては、もう1つ、典子さんが指摘している、予約の時に席がわからないという問題があります。
 これ、けっこう不愉快な問題です。どこで予約すればどの辺のチケットが手にはいるのか、なんていうことも含めて、ぜひ“情報公開”してほしい。

 ちほさんはじめ多くの方がキャスティングの問題にも触れています。
 これはもう、徹底的に実力主義で行ってほしい。“華”も実力の内だと思いますが、それでも、“歌えて踊れる”のは最低限のラインとして確保してほしいです。
 そういう意味で面白いのが、瀧本さんの「男の宝塚がほしい」発言。とにかく、早くからの人材の育成なしには成り立たない世界ですよね。
 あと、クワストさんが、劇団四季のキャスティングが同じ公演の中で日によって変わることの問題を指摘してらっしゃいますが、最近“流行り”の(笑)ダブル・キャスト、トリプル・キャストについては、どうでしょう。みなさんのご意見お聞かせください。

 瀧本さん、はなさんが違う角度から指摘しているオーケストラの問題なんて、議論以前の問題ですよね。悲しい。

 開演時間の問題も、アメリカ暮らしのクワストさんからの“外圧”(笑)以前に解決してほしい。時間のきっちりした仕事をしている人は、まず平日の観劇は不可能ですから。
 例えば、都が先導して水曜日なりを観劇の日とし、この日は終電の時間を延長する、なんてのはどうでしょう。こういうのを“文化的”と言うんだと思うんですが。

 無料プログラムもほしいですよね。2つ折りぐらいのものでいいから。
 音楽座ミュージカルのように配布するところもあるにはありますが、それ以前に内容に問題ありです。最低限、全キャスト・主要スタッフの経歴は載せてほしい。評論家と称する人たちの文章はなくていいですから。
 
 

 さて、続いて、好きな日本の劇場です。
 ただし、お1人だけ避けがたい事情により、好きなアメリカの劇場、になってますのでご了承ください(笑)。

瀧本三枝さん

 青山劇場
  舞台転換の早さ、客席の見やすさ、座り安さ。交通の便もよい。

 神戸オリエンタル劇場
 アットホームなのに(小さな劇場)、格調高い(椅子も床もふかふか)。神戸オリエンタルホテル、ショッピングセンター、神戸駅(新幹線の停まる駅)に直結しているから、待ち合わせ、アフターシアターに便利。
 会員になると、千秋楽の前夜、ホテルでの出演者を交えたパーティに参加できるらしい。もちろん、宿泊とのセットプランもある。私は会員じゃないから、特典は受けたことがありませんが、我が家(岡山)を出発して、1時間後には劇場に座れるという点はありがたい。
 
 

はなさん

 セゾン劇場
 背もたれが高くてリラックスして観られるから

 宝塚大劇場
 歌劇のファンだから
 
 

典子さん

 そんなにたくさん劇場に足を運んだことのない私には、なかなか難しい質問ですね。
 でも、できるだけ狭い劇場がいいですね。舞台に近ければやはり、迫力があるというか、なんというか。大阪の飛天のような大きな劇場だと、後ろの席だと表情とか細かい動きとか見えません。オペラグラスがあっても、オペラグラスで見ている人は大きく見えても、舞台全体を視界に入れていることはできません。それが悲しいのです。
 飛天の地下のドラマシアターのほうが狭くていいですね。
 
 

ちほさん

 [大きな劇場] 日生劇場赤坂ミュージカル劇場南座
 広いけど観客と役者との距離が近いところ。一体感が感じられるところ。
 私は後ろの方で見ることが多いのでこれは大切です。最前列だと気にならないんでしょうか……。

 [小さな劇場] THEATER TOPSスズナリ、……後はちょっと忘れてしまいました……。
 やっぱりここも一体感が感じられるところですね。
 小さくても何だか空気が散漫になっている劇場はあまり好きではないです。
 
 

クワストさん(アメリカ在住)

 好きな劇場っていったらよく行くサンフランシスコの Curran Theatre かな。
 古い劇場を改築したので、ボックス席もあるし、劇場全体が大きすぎず、メゾニンからでもとってもよく見えます。が、3階になると傾斜がきつくなってよくないのですが。
 でもトイレの数が少なすぎる、またロビーがないというのが不満です(最近では隣の Cliff hotel の綺麗なトイレを幕間にさっさと使うようになったので個人的には不便な思いはしていません)。

 その隣の Geary Theatre も改築された劇場ですが、ここは美しい。劇場内もゆったりしているし、地下にバーもあって綺麗。トイレも明るく数もまずまず。

 ワシントンDCに行ったときに観た The Shakespear Theatre の劇場も新しめで、こじんまりしていて(メゾニンもない)どこの席からもよく見えてとっても気に入りました。立ち見チケットは $12で、開演後 20分くらいしても席が埋まらないとアッシャー(案内係)が座らせてくれるので、ものすごくもうけものの劇場です。

 劇場に関しては、視点を変えてまたみなさんのご意見をうかがってみたいと思ってますんで、その時はよろしく。

 さて、第1回の [それゲキ・アンケート篇] いかがだったでしょう。ご感想・ご意見をお寄せいただけるとうれしいです。
 5人の回答者のみなさん、本当にありがとうございました。

(7/11/1998)

Copyright ©1998 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

next

◆あなたの[ゲキもは]話を送ってください◆

 劇場通いにまつわるエピソードを送ってください。
 劇場で見かけたあの素敵な人物はいったい誰。金欠時に私はいかにしてチケット代を捻出したか。劇場の秘密のなごみスポット教えます。劇場での私の不思議なクセ。なんとかしてほしい劇場のあのシステム。etc.
 なんでもけっこうです(誹謗中傷以外は)。
 掲載を希望しない場合、あるいは変名を使いたい場合は、その旨書き添えてください。

[ゲキもは]話は今すぐ こちらへ!


[HOME]