それゲキ・アンケート篇


第 6回
翻訳ミュージカルの功罪
(前編)

 “翻訳ミュージカルについて考えよう”アンケートへのご回答ありがとうございました。
 アンケートの内容は以下の通りです。

 [質問 1] 海外ミュージカルの翻訳上演について、肯定的に考えるとしたら、どんな理由からですか?

 [質問 2] 海外ミュージカルの翻訳上演について、否定的に考えるとしたら、どんな理由からですか?

 今回も、前回のアンケート同様 16人の方からご回答をいただきました。めんどくさい内容であったことを考えると、この人数はなかなかなもんなんじゃないでしょうか。みなさんに感謝。
 今回も前回同様、ブロードウェイで撮った写真を絵ハガキにしたものを(またまた、ほしくないかもしれないけど、笑)プレゼントとしてお送りしようと思います。

 ミュージカル・タイトルなどの表記を統一、人名をカタカナ表記にし(misoppa→ミソッパ、笑)、読みやすく改行させていただいた他は、基本的に、ほぼ、いただいたメールのままです。
 掲載は到着順。今回は内容が内容だけに長めの回答が多く、結局、前中後編の 3つに分けました。でも、とても興味深いものになったと思います。ダウンロードして、最後まで読んでみてください。
 なお、僕の僭越なコメントは最後にまとめました。

 ●TAKAさんの場合。

 [質問 1]

 オリジナル(英語)ミュージカルに対する翻訳上演については、掲示板の討論を読ませていただきましたが、私は肯定派です。
 ですから、今回は否定的な意見については述べないことにします。

 そもそもミュージカルを観るようになったのは、『オペラ座の怪人 THE PHANTOM OF THE OPERA』『クレイジー・フォー・ユー CRAZY FOR YOU』といった翻訳もののミュージカルを観たことがきっかけで、他の方も、翻訳ものを観られたことがきっかけになった方が多いのではないかと思います。
 昨年、初めてブロードウェイでミュージカルを観劇したのですが、語学力に自信のない私は、日本で翻訳上演されて、内容を知っている作品のみを選び、観てきました(具体的には、『オペラ座の怪人』『レント RENT』『美女と野獣 BEAUTY AND THE BEAST』『ライオン・キング THE LION KING』『レ・ミゼラブル LES MISERABLES』)。
 ブロードウェイでの観劇は、かなり衝撃を受け、思い切りかぶれて帰ってきたのですが、衝撃と言っても、訳し方の問題ではなく、役者さんの表現力(歌唱力、演技力等)についてでした(違いについては、話が逸れるので、深く書きません)。
 しかし、日本で翻訳ものを観ていたおかげで、ストーリーはわかっていたので、飽きずに観られましたし、役者さんの表現力の豊かさもあって、歌詞を全部覚えていなくても、だいたいどういうシーンかがわかりました。もちろん、感動もできました。
 しかし同時に、日本に於いて、母国語でミュージカルを観られるありがたさというのも実感できました。
 確かに、原語と翻訳ものを比べると、翻訳者のセンスや作品の解釈が入ってしまって、不自然に感じられるところがあることは事実です。ただ、逆に上手いなぁと思われるものもあって、私は、『オペラ座の怪人』の「The Music of the Night」や『レ・ミゼラブル』の「The People's Song」なんかは好きです。
 ですから、翻訳公演でストーリーの流れを理解して、輸入物の CDで親しみ、ニューヨークやロンドンに出かけてオリジナルとの比較をしてみるといった考え方で臨むと、より楽しめるような気がします。
 翻訳ものを上演しているのは、四季や東宝といった大手が中心ですが、翻訳等に不自然さがあるのなら、思い切って、疑問をぶつけてみるのも面白いのではないでしょうか? 回答していただけるかどうかは、わかりませんが……。

 ●ayaさんの場合。

 [質問 1]

 私としては、文化的背景などの理由もありまして、オリジナルのミュージカルで素晴らしいものがあれば、と思うのですが、残念ながら、日本のオリジナルでクオリティの高いものを見つけるものが難しいと思うのです。音楽、ダンス、衣装、なぜかスタイリッシュ性が低かったり、ファンタジーファンタジーしてしまったりすると思うんですよね。
 そのためオリジナル・ミュージカルのみでの観客動員数を期待するのは難しい。劇場にとっては痛いですよね。
 その点、ブロードウェイ・ミュージカルは翻訳の問題を踏まえたとしても、オリジナルよりクオリティが高く、日本人の観客も興味を持っているので観客動員数を期待できます。
 そういった理由からも、翻訳上演のニーズはあると思います。

 [質問 2]

 やはり、英語の歌詞にのせて作られた歌を、音にのるように日本語訳をすると無理がかかってしまうし、英語と日本語では全く同じ意味のないものもあります。言葉には直接的意味以外にも、その言葉のもつ雰囲気や文化背景的意味を持っているので、ストレートに日本語訳する事は難しく、やはりどうしても意味、雰囲気が変わってしまう。
 それぞれの舞台は、文化や社会的背景を含んだ舞台が多く、違う文化や感性を持つ国で翻訳上演をしても、その舞台の最高の力は出ないと思うのです。
 やはり日本人の観客には、日本人の感性、文化、社会的背景を踏まえた脚本で、日本語の良さを十分に生かしたオリジナルがあれば最高だと思うのですけれど……。まだ翻訳問題をふまえても翻訳ミュージカル以上のオリジナル・ミュージカルを見た事がないのは悲しいです。

 ●NANAさんの場合。

 [質問 1]

 海外の作品を国内で日本語で見られること。
 トニー賞の中継を見て気に入っていた『クレイジー・フォー・ユー』が、ほぼ原型のまま国内で観れたことが最大の喜びかな。何しろ英語キライ・ヒコーキキライ・外国キライなものですから(笑)。
 私の場合、歌詞は聞いても右から左に流れていって心に残らないクチなので(笑)、粗筋さえ分かれば、極端な話、不味かろうが悪かろうがどうでもいいです。

 (追記)
 『太平洋序曲 PACIFIC OVERTURES』のオリジナル・キャスト盤をつい先日買いました。
 昨年の翻訳公演の時は、題材が日本ということもあって、これが翻訳ミュージカルとは(頭で理解していても)到底思えませんでした。しかし、改めてオリジナル・キャスト盤を聞いてみて、非常にソンドハイムらしい楽曲の数々だということを初めて発見しました。
 逆に言えば、あの、特徴のある、ソンドハイムのソンドハイムらしい旋律だとわからないほど、歌詞に聞きほれていた観劇時の自分に気がつきました。
 私は音楽の技術的な事も知らないし英語もわからないし、翻訳公演も 1度見たきりなので、どこがどうとか具体的に言えないのですが、日本語が曲に乗っていた素晴らしい訳詞だったと思います。

 [質問 2]

 「作品を創造する力」を失ってしまったこと。特に大手。
 買うことは誰にでも出来るけど、産み出すこと・産み出す技術や人材を育てることは難しいと思います。

 ●あつこさんの場合。

 [質問 1]

 肯定的には、私みたいに全く英語が理解出来ない者にとっては、内容を理解するうえで、存在する意味のあるものだと思います。ミュージカルを「観る」「出会う」「知る」きっかけとして、私には、必要でした。

 [質問 2]

 ただ……。
 否定的には、日本語でそのミュージカルを知り、「本物」を観たとき、英語が分らなくても「やっぱり、本物がいい!!」って思うのは何故でしょうか?(アンケートに質問して、どうするんだい?って)
 日本のミュージカルとブロードウェイのレベルの差なのでしょうか?
 作者がこの曲にはこの詞をと、計算し尽くされて選ばれた言葉と詞が持つ響きを、観る者の便宜上の為だけに「別の響きをもつ詞」に置き換えることが、日本語訳のミュージカルを滑稽にみせてしまうのでしょうか? やはり、英語で理解出来るようにならなければいけないのでしょうか?
 ん〜〜!! 難しいです。

 ●稲葉薫さんの場合。

 私は現在 20代半ばで、 17歳の時から、本格的にミュージカル観劇を始めました。 1年に 20回くらい観劇をしています。ロンドンにも 2回行って、ウエストエンドでも 10作品以上観ています。また、大学時代はミュージカル作品のコピーを上演するサークルに所属し、実際にそういう公演に参加してきました。
 こういう履歴(?)なのですが、それではアンケートの回答行きます。

 [質問 1]

 まず、ミュージカルを見るために本場に行くお金・時間・機会などない、来日公演は高すぎるという問題が日本にはあると思います。このため、おもしろい海外のミュージカルに出会う手っ取り早い機会が日本の翻訳ミュージカルだと思います。
 私も翻訳ミュージカルがなかったら、もう少しミュージカルに出会うのが遅かったと思いますから。
 大人になってから、ミュージカル作品を観て、「ミュージカルにかかわる職業に就きたい!」と思っても、特に役者になるにはほとんど無理です。
 役者になるための修行に間に合うために、子どものころにミュージカルに出会うためには、海外でのミュージカル鑑賞は親の関心が高くないと無理ですし、日本での来日公演はこれまた料金面で親の関心度の高さに依存する&幼い子どもだと字幕は苦しいかな〜っ、ということがあります。翻訳ミュージカルも必ずしもすべてが安いというわけではありませんが、来日ミュージカルの最低席の料金 6000円〜 7000円というものに比べれば、翻訳ミュージカルはまだ安いと思うのです。
 必ずしも、ミュージカルに出会って役者を志すのではなくても、ミュージカルからさまざまな影響を受けて、それが将来の進路決定のキーとなるということもあるかと思いますし、子どもの頃にミュージカルというものがあるのだということを知っておくことは私にはとても重要なことだと思われます。そのためには、翻訳ミュージカルは必要です。
 四季が子ども用のミュージカル公演を行っていますが、そういう四季の姿勢はすばらしいと思っています(子ども用の公演時はパンフレットも安くしていますし)。
 それに私にとって、来日公演はチケット代が高いので、レベルが保障されているということがわかっていても、そう何度も足を運びにくいのです。翻訳ミュージカルの安い席を何枚も買って見に行くという形が、やはり多くなります。
 本当はブロードウェイやウエストエンドの舞台を思いっきり観たいのですが、学生のころは時間はあるけど金がない、社会人になったらお金はあるけど時間がないという状態で、 1年に 1回も行けそうにありません。
 ミソッパさんはどうやってあんなにしょっちゅうブロードウェイなどに行っていらしてるのですか?

 2つ目は私の勝手な都合なのですが……。やはりその作品を好きになって、自分たちで上演してみたいな〜と思うときに、その作品が日本語訳されているととっても便利です。日本で何回か上演されていれば、実際に観に行って演出の参考にすることができますし、パンフレットなど参考資料も多くなります。
 たとえば私は『ラグタイム RAGTIME』の CDを聞いてから大好きになり、上演してみたいなあと思うことしきりなのですが、あの膨大な英語の歌詞を全て日本語訳することを考えるだけで目が回りますし、実際に観たこともありませんので、とても上演にこぎつける自信もありません。(それ以前に『ラグタイム』上演には人種的な壁があるのですが)英語で上演するのは論外だと思いますし。
 というわけで、やはり翻訳公演があると便利なのです。

 3つ目は、本場ではとっくに上演しなくなった作品を数年おきに繰り返し上演することです。
 単純に観たい昔の名作を見ることが出来ますし、『ラ・マンチャの男 MAN OF LA MANCHA』のように、初演からずっと松本幸四郎がやっているセルバンテスが年とともに変化していくのを楽しむことができます。
 ……それだけ日本は新しいミュージカルが生まれにくいし、露骨なスターシステムで、役者の裾野も狭いのだという解釈もできますが。

 [質問 2]

 やはり訳詞の問題は大きいと思います。
 まず、『レント』の翻訳公演の訳詞は最低だと思いました(役者が何を言っているのかさっぱりわからず、従って彼らが何をやっているのかわかりませんでした。ただつまらないという印象を抱き、『レント』のよさを知ることができませんでした。昨年の来日公演を観て、ようやく『レント』の大ファンになったのです)。
 それから、この前の「アンドリュー・ロイド・ウェバー 50周年コンサート」のビデオを観たのですが、字幕を見ながら歌を聴いていて、愕然としました。その中で、『オペラ座の怪人』の「The Phantom of The Opera」と「All I Ask of You」が歌われていたのですが、その 2曲を聞いただけで、クリスティーヌがなぜファントムでなくラウルを選んだのかが、よくわかったからです。
 私はミュージカルをたくさん観ていても、きちんと作品の解釈ができるわけではなく、「おもしろい」「つまらない」の 2つの感覚でしか感想が出せない人間です。それまで、四季の『オペラ座の怪人』にはそれなりに満足しながら観ていました。ただ、なんとなくクリスティーヌの気持ちってわからないところがあるな〜と思っていました。それなのに、本来の歌詞に忠実に訳した「50周年コンサート」の歌詞と歌を聴いただけで、クリスティーヌの気持ちがわかってしまったのです。
 リピーターさんのような、とても深い解釈をなさる方たちですと、「そんな単純にわかるということは作品自体に深みがないんだ。深みのない作品はよくない」「観客がもっと深い解釈ができるようにならないと」と言うかとも思いますが、ちょっとお馬鹿さんな私には、やはりそれなりに主人公の気持ちがわかった方が楽しいのです。
 それに、まあ上記の問題は抜きにしても、四季『アスペクツ・オブ・ラブ ASPECTS OF LOVE』で「Love Changes Everything」が「恋の定めは出会いと別れ」になってしまうのはどうかな〜と思います。四季『オペラ座の怪人』の「女の心」に関しては、もはや論外です。
 やはり、英語の体系と日本語の体系はかなり違いますから、翻訳には限界があるのかなとも思ってしまいます。
 ただ、『エリザベート ELISABETH』の翻訳公演の歌詞は、ウィーン版の CDについている日本語訳の歌詞を読んだ上では、本来のニュアンスをそれなりに伝えていると思いましたので、絶対に無理というわけでないのではとも思いました。

 2つ目には、もちろんビジュアルの問題があると思います。
 ロンドンで『ミス・サイゴン』を観たときに、「やっぱりその役を本来の人種の人がやるのは強いな」と感じました。東洋人のキムと西洋人で GIのクリスの体の大きさの違い、キムとエレンの顔立ちの違いがはっきりビジュアルとして示されただけで、話に説得力が出て、主人公たちの気持ちもずっとつかみやすくなりました。
 また四季の『コーラスライン』を観たときに、「これは実際のニューヨーカーがやってくれないと、私にはこの作品の良さがわからない」と感じました。このことに関しては、四季のあの独特の発声法と演技がコーラスラインにあわないこともあるのだろうなあ、と感じてもいるのですが。

 3つ目には、役者の質の問題があります。
 日本の役者の質はまだまだです。すばらしい人もいますが、圧倒的に人数不足だと思います。たとえばダンスを見ると、四季のアンサンブルにはやはり本場のアンサンブルほどのキレはないなと感じてしまいます。
 また、歌に関しては、本格的な訓練を積んでいない人の歌はレベル的に聴くに耐えず、オペラ歌手がミュージカルを歌えば、大げさすぎ、感情が伝わらなさすぎでこれまた聴くにたえない人が多いです。言葉の体系が違うのに、西洋の発声方法に従っているので、西洋人が歌うようには声がでないのだろうとは思いますが、何か翻訳ミュージカルで歌を聴いていてしっくりこないことが多いのです。
 ウエストエンドでは作品的には小粒な作品もありましたが、舞台全体の質が一定以上は保障されているため、そういう面では安心できました。
 日本では、ミュージカル役者を目指して一直線に訓練を積んでいる人が出る舞台でもそういう状態なのに、東宝のようにまったく訓練をしていない人を有名だからという理由で主役級で舞台にあげてしまうことも多いです。はっきり言ってそういう舞台はこちらが欲求不満になるだけです。
 私は東宝「レ・ミゼラブル」を観るときには、いくら日にちを選ぶのが難しくても、必死で早見優と安達祐実の回は避けるようにしてきました。『ラ・マンチャの男』で松たか子を観たときには、「この役をもっとミュージカル中心で活躍している女優さんにあげれば、若手女優さんのチャンスがもっと増えるのに」と思いました。
 今のままのシステムでは、日本のミュージカルのレベルの向上は難しいのではないかと思います。

 4つ目は、なんだかわからないけど、本場には圧倒されたわ、ということなのです。
 ロンドンで『レ・ミゼラブル』を観たときに、終演後しばらくたっても涙が出てとまりませんでした。日本の『レ・ミゼラブル』を観たときには一度もそんなことはなく、どちらかというとドライに観ていた私だったはずなのですが。とにかくバルジャンの一生がくっきり見えて、なぜか感動してしまったのでした。
 役者の質の問題や、やはり西洋人の役を西洋人がやったことで出てくる説得力ということもあるのだと思いますが、はっきりとこれだと言いきれる理由はありません。
 また、『レント』はやはりアメリカ人でないと、だめなのではないかと思います。
 『レント』は若者全てが抱く共通の気持ちもテーマのひとつにしていると思いますが、アメリカ人でないと表現できないところもあると思うのです。それに、同性愛の問題、エイズの恐怖、麻薬、貧困に関してなどは日本人にはどうしても実感しきれないものだと思います。どれかひとつの問題なら、実感を持ってできる日本の役者もいると思います。しかし、全てはむずかしいと思いました。そういう役者は日本にはいないと思います。

中編に続く。
後編はこちら

(6/19/2001)

Copyright ©2001 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next

◆あなたの[ゲキもは]話を送ってください◆

 劇場通いにまつわるエピソードを送ってください。
 劇場で見かけたあの素敵な人物はいったい誰。金欠時に私はいかにしてチケット代を捻出したか。劇場の秘密のなごみスポット教えます。劇場での私の不思議なクセ。なんとかしてほしい劇場のあのシステム。etc.
 なんでもけっこうです(誹謗中傷以外は)。
 掲載を希望しない場合、あるいは変名を使いたい場合は、その旨書き添えてください。

[ゲキもは]話は今すぐ こちらへ!


[HOME]