それぞれの人生それぞれのゲキもは!

あやさん@N.Y.の場合

 あやさんというお名前の方が案外多いのですが、今回は、初登場のニューヨークにお住まいの、あやさん。最終公演間近の『キャッツ CATS』を文字通り駆け込みでご覧になった時のお話です。

 おととい、もうすぐ終了間近の『キャッツ』を観てきました。

 夕方 6時頃、ぶらぶらとブロードウェイ周辺を歩いていて、 TKTS の前を通ったので掲示板を見てみたら、何とまだ『キャッツ』が残ってる!
 これまで日本とNYで1回ずつ観ていたので、もういいかなー、と思っていたのですが、これも何かの縁だと思って、お金をおろしに走り、チケットを手に入れました。でも、時間が時間だったので Partial view(ミソッパ注/舞台の一部が見えない席のこと)だったんですが。
 実際席に行ってみたら、メザニンの左端で正面がまったく見えなかった……。でも、上から見下ろす形でダンスはよく見えたので、それではそれでよかったです。
 ビックリしたのが、舞台上の袖のところにも席があったんですね。正面からはまったく見えないようになってるので、今まで知りませんでした。
 それにしても、今回の「Memory」はこれまで以上に気合が入っていて圧巻でした!
 やっぱり『キャッツ』が終っちゃうのは寂しいような気がします……。

 ブロードウェイの『キャッツ』がロンドン版と違うのは、こちらにも書いた通り。ですから、ロンドン版が続いていても、ブロードウェイ版が幕を閉じるということは、やっぱり特別の意味があると思います。
 あの独特の雰囲気を、出来れば僕も、もう 1度味わいたかったなあ。

 あやさん、ありがとうございました。

(9/10/2000)

Copyright ©2000 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next

◆あなたの[ゲキもは]話を送ってください◆

 劇場通いにまつわるエピソードを送ってください。
 劇場で見かけたあの素敵な人物はいったい誰。金欠時に私はいかにしてチケット代を捻出したか。劇場の秘密のなごみスポット教えます。劇場での私の不思議なクセ。なんとかしてほしい劇場のあのシステム。etc.
 なんでもけっこうです(誹謗中傷以外は)。
 掲載を希望しない場合、あるいは変名を使いたい場合は、その旨書き添えてください。

[ゲキもは]話は今すぐ こちらへ!


[HOME]