それぞれの人生それぞれのゲキもは!

mieさんの場合

 いつもアンケートに参加してくださる、愛知県にお住まいの mieさんの「ゲキもは」です。

 ついに大阪で『オケピ!』を観てきました。
 とても楽しいミュージカルでした。細かいところにこだわりがたくさんあって、いかにも三谷幸喜の世界だなあと思いました。思ったより音楽が良くて、詞はともかく(笑)、メロディが親しみやすく、覚えやすく感じました。
 実はわたしは大阪の初日を観たのですが、次の日も当日券で観てしまいました。
 初日が後ろから 2番目の端っこの方の席だったので、当日立ち見席でも 1階なら近いからいいやと思い、開演の 2時間半前から、蒸し暑さに耐えながら並んで待ったんです。でも、考えが甘かった。結局 2階の立見席しかなくて、さらに舞台から遠いところになってしまいました……。
 でも、 2度観たおかげで、 1度目とは違う役者さんに目が行ったりして、楽しめました。皆さんいろいろと細かい動きしてましたからねえ。
 役者はみんなはまってましたねえ。特に遊◎機械の芝居が好きで、良く観るので、白井さんはいかにも彼らしい役だなあと笑ってしまいました。
 あと 2度観たおかげで気付いたんですけど、初日はお客さんがすごい盛り上がり方で、終わってもいつまでも拍手が鳴り止まず(役者さんたちも興奮してましたが)、最後に三谷さんのアナウンスが流れ、「なお、このアナウンスは録音です。本人は今東京にいて、ドラマの脚本を書くのに苦しんでいます。本当に非常に苦しんでいます」と、笑いを誘ってたんです。でも、次の日はカーテンコールは 1度で終わってしまい、そのアナウンスも流れなかったんです。
 もし、昨日観てなかったら、聞けなかったのかあ……と妙なところで感慨深いものがありました!
 ところで、立見席で観たとき、隣にいた男性が 1幕だけ観て帰っちゃったんです! 劇中にもそんな話がありましたけど、ミソッパさんは 1幕で帰っちゃうことありますか? わたしはどんなにつまらなくても、もしかしたらなにか良いところがあるかもと思って、必ず最後まで観ます。本当は、せっかく払ったお金がもったいない! というセコイ理由の方が大きいですけど……。

 今回、せっかく大阪に来たんだからとよくばって、『オケピ!』の他に、宝塚雪組公演と、劇団四季の『スルース』も観てきました。田舎者のわたしは、大阪も東京もニューヨークも、せっかく行くんだから、たくさん観なくっちゃと、同じ感覚で考えちゃうんです。
 実は今週も明後日から、東京に行って、観劇に励むつもりです。
 最近、劇場通いが中毒のようになっています。ある人に、現実逃避だと非難されましたが……。そうじゃない事は、ミソッパさんならわかっていただけますよね! 観劇で 1日がつぶれる事は、とても幸せな事なんです。

 “現実逃避”とは、なんとまあ紋切り型の非難なのでしょう。 mieさん、ここはひとつ、「現実逃避のどこが悪い!」と開き直ってやりましょう(笑)。 [観劇で 1日がつぶれる] 幸せ、よーくわかります。一生が観劇でつぶれたら最高ですよね。
 なお、僕も 1幕だけで帰ったことはありません。理由は mieさんと同じです(笑)。貧乏性は「ゲキもは」人間の特徴の 1つです(笑)。

 mieさん、ありがとうございました。

(8/6/2000)

Copyright ©2000 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next

◆あなたの[ゲキもは]話を送ってください◆

 劇場通いにまつわるエピソードを送ってください。
 劇場で見かけたあの素敵な人物はいったい誰。金欠時に私はいかにしてチケット代を捻出したか。劇場の秘密のなごみスポット教えます。劇場での私の不思議なクセ。なんとかしてほしい劇場のあのシステム。etc.
 なんでもけっこうです(誹謗中傷以外は)。
 掲載を希望しない場合、あるいは変名を使いたい場合は、その旨書き添えてください。

[ゲキもは]話は今すぐ こちらへ!


[HOME]