それぞれの人生それぞれのゲキもは!

なかたにさんの場合 2

 夏の終わりの同じ時期にニューヨークに行った、大阪のなかたにさんご一行 3人組とは、偶然同じ回に『フォッシー FOSSE』を観ました。

 やはりあの『フォッシー』の日が一番眠くて、次の日の『アニーよ銃をとれ! ANNIE GET YOUR GUN』は、仮眠をとったこともあり、全然眠くならずに観ることができました。
 でも、その日のことです。 5時くらいに外出から帰ってきて、時間あるから 7時まで仮眠しようということになったのですが、用心のために一応 7時に目覚ましをかけました。わたしはそんなに眠くなかったのですが、横になったら寝てしまい、ふと目が覚めたらなんと 7時 20分だったんです!
 も〜うびっくりして、「ひゃ〜! もう 7時半やで〜!!!」と言うなり、 3人でばたばたっと支度してホテルを飛び出しました。ホテルから劇場までは 3人とも無口で、席に着いてやっと、「けっこう余裕やったね」と言えたくらいでした。
 それだけに、『アニーよ銃をとれ!』は、バーナデット・ピータースも観れたし、とっても満足で、充分に楽しめました。

 それから――。
 大阪の人間にとっては、行きは成田からの方が、とっても早く着くし、いいのですが、帰りは、アメリカ国内で経由して時間かかっても、やはり関空着がいいですね。
 成田はターミナルが 2か所なので、その移動がつらいです。スーツケースを持ってあのシャトルバスに乗るのは無謀ですね。せめて、ターミナル 2の北口行きと南口行きの 2つに分かれていれば……。
 行きは成田、帰りは関空っていうのが、できれば一番いい感じです。

 危うく、僕の「ゲキもは」記念日の二の舞になるところだったですねえ。惜しい(笑)。
 しかし、大阪ですら不便ということは、ブロードウェイ愛好家にとっては、首都圏近郊に住んでるってことは、かなり幸せなことなんですね。僕なんて、新横浜の駅に近いので、東京駅乗り換えの成田エキスプレスを使うとメチャメチャ便利。申し訳ないぐらいです。

 なかたにさん、ありがとうございました。

(9/8/1999)

Copyright ©1999 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next

◆あなたの[ゲキもは]話を送ってください◆

 劇場通いにまつわるエピソードを送ってください。
 劇場で見かけたあの素敵な人物はいったい誰。金欠時に私はいかにしてチケット代を捻出したか。劇場の秘密のなごみスポット教えます。劇場での私の不思議なクセ。なんとかしてほしい劇場のあのシステム。etc.
 なんでもけっこうです(誹謗中傷以外は)。
 掲載を希望しない場合、あるいは変名を使いたい場合は、その旨書き添えてください。

[ゲキもは]話は今すぐ こちらへ!


[HOME]