それぞれの人生それぞれのゲキもは!

ハンナさんの場合

 あれはもう一年近くも前、大学を卒業してすぐのことですが……。
 大学院留学のため 3月の終わりにシカゴへとやってきた私に、誕生日のお祝いにと、姉(シカゴ暦 5年)が『オズの魔法使い』のチケットを買っておいてくれたのです。
 わぁーい、初めてのアメリカでのミュージカルだよーん、と喜んでいた私。
 ところが当日の昼頃、チケットを見た姉が突然、「もう始まっちゃう」と一言。その数週間前、ツアーで来ていた『美女と野獣』を見ていた姉は、同じ開演時間だと思い込んでいたのです。
 慌てて支度して車に乗り込んで劇場へ。着いたときにはすでにクライマックス、悪い魔女が今にもドロシーに溶かされようとしている所でした。
 それでも、小人さんたちがいわゆる小人症の人たちで、しかもみなさん素晴らしかったこと、トトがほんとの犬で可愛かったこと、など途中からだったけどまぁよかったね、と席を立ち、お土産を見に行くと可愛いおもちゃやら結構高価な飾り物やら。また気がつけば入口から扉まではイエローブリックロードが敷いてあるし、お土産とか売ってる人も、皆エメラルドシティの住人とおんなじかっこ。
 こういうとこが楽しいよね、日本ってあんまりそういうとこ、こだわらないじゃん、とか思いながら出口へ向かうと、テレビの取材の人がうろうろしていて、見ていると、なんとインタビューしてきたのだった……。
 そんな、訊かれても 3分の 1も見てないんだよぉ、とお断りして、ちょっとまた悲しい気分で駐車場に向かうと……何とそこには 2匹の犬が!
 トトにそっくり! 思わず近寄って、「可愛いねぇ、もしかしてトト?」と訊くと、その人はトレーナーさん。 2匹は兄弟で、両方ともがトトとして出演していること、公演が終わりしだい外をお散歩させていることなど、いろいろとお話してくれました。
 結局は結構いい思い出なのですが、教訓。“チケットの時間は何度もチェック”ということでしょうか。

 ハンナさんの観劇体験自体が、楽しかったり、ドキドキしたり、悲しかったり、でもうれしかったり、まるでドロシーみたいですね(笑)。ニューヨークではマディソン・スクエア・ガーデンでやるこのミュージカル、僕はまだ観てません。ミッキー・ルーニー Mickey Rooney が出ている内に観たいなあ。
 教訓は……その通りですね(笑)。肝に銘じましょう。

 ハンナさん、ありがとうございました。

(2/14/1999)

Copyright ©1999 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next

◆あなたの[ゲキもは]話を送ってください◆

 劇場通いにまつわるエピソードを送ってください。
 劇場で見かけたあの素敵な人物はいったい誰。金欠時に私はいかにしてチケット代を捻出したか。劇場の秘密のなごみスポット教えます。劇場での私の不思議なクセ。なんとかしてほしい劇場のあのシステム。etc.
 なんでもけっこうです(誹謗中傷以外は)。
 掲載を希望しない場合、あるいは変名を使いたい場合は、その旨書き添えてください。

[ゲキもは]話は今すぐ こちらへ!


[HOME]