それぞれの人生それぞれのゲキもは!

TD さんの場合

 「とにかく走った話」

 去年の年末、梅田のシアター・ドラマシティでやっていた宝塚の月組公演『ALAS』の時の失敗。

 開演時間をすっかり勘違いしていた私。ふと気がつくと35分前! その時まだパジャマに素っピン、寝グセあり。家から梅田まで電車に乗ってる時間だけで 30分。乗り換えもあるし、絶対遅刻だ!
 同じ公演の夜の部に行く予定の母に、「取り替えっこする? チケット」と言ってはみるが無視され、しかたなく超早送りで身支度を整え家を飛び出した。
 走って走って電車に飛び乗り、梅田に着いてからも走る! なぜか同じ車両に乗っていた親子も走っている。きっと目的地は一緒だ、よーし頑張るぞー、とさらに走って席についた時は、開演後 5分もたっていなかったと思う。

 親子にも勝ったし妙な満足感があった。でも、その日は夜になっても腹筋が痛かった。
 終わり。

 お疲れさまでした(笑)。
 でも、腹筋が痛くなるって、どんな走り方なさったんでしょう。その親子とのデッドヒートを想像するだけで笑えます。

 ところで、宝塚ファンの方って、母娘 2代で、という方が多いみたいですね。もしかして、 3代とか 4代とかもあるんでしょうか。根強いですねえ。

 TD さん、ありがとうございました。

(11/21/1998)

Copyright ©1998 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next

◆あなたの[ゲキもは]話を送ってください◆

 劇場通いにまつわるエピソードを送ってください。
 劇場で見かけたあの素敵な人物はいったい誰。金欠時に私はいかにしてチケット代を捻出したか。劇場の秘密のなごみスポット教えます。劇場での私の不思議なクセ。なんとかしてほしい劇場のあのシステム。etc.
 なんでもけっこうです(誹謗中傷以外は)。
 掲載を希望しない場合、あるいは変名を使いたい場合は、その旨書き添えてください。

[ゲキもは]話は今すぐ こちらへ!


[HOME]