それぞれの人生それぞれのゲキもは!

なかたにさんの場合

 ミソッパさんのサイトを見ていたら、ブロードウェイの新ヴィジターセンターのことが書いてあったので、そうそう! と思って送らせていただいております。
 わたしたちは、ちょうどヴィジターセンターの新旧(というのでしょうか?)入れ替え時に現地にいたようです。
 最初にニューアムステルダム劇場横のところのヴィジターセンターに行ったんです。で、パレス劇場の前を通った時に、なんか工事してるな〜と思った。そしたら、次に見たときにはもう入れ替わってました。ほんとに新しい方ってぎりぎりまで工事してましたよ。
 でも、前のところより(入口は狭いですが)すごい広いし、Yahoo! の体験コーナー(?)とか Panasonic のコーナーとかいろんなコーナーがあって、たくさんの人が訪れていました。

 あと、tkts の近くにある『シカゴ CHICAGO』の看板(?)の張り替えを見ました。
 頻繁に替えるもんなんでしょうか?
 はがしたのはどうするんだろう、欲しいな〜(『シカゴ』観た後だったんで)とかきゃーきゃー言いながら、わたしたち 3人だけ立ち止まって見入ってました。
 まわりの人たちは、変な日本人だ、何見てんだ? と思ったでしょうね。

 もしかして、新ヴィジターセンター最初の日本人客ですか、なかたにさんたち?
 MiL 発行の情報誌 Entertainment Calendar 最新号によれば、『美女と野獣 BEAUTY AND THE BEAST』のパレス劇場横に出来た新ヴィジターセンターには、なかたにさんのレポートにあった無料インターネット・コーナーやパナソニックのヴィデオスクリーンの他に、 ATM やニューススタンド、グッズのショップなどもあるそう。
 そして! ここにあるブースで、オン&オフ・ブロードウェイのチケットが手数料なしの正規料金で買えるらしい!
 これは画期的です。もう、劇場のボックスオフィスをハシゴしなくてもすむぞ! でも、ひどく混みそうな予感もしますね。

 『シカゴ』は、メインのキャストが替わる時には、そのキャストの写真の載ったビルボードは必ず替えてますね。でも、実際に取り替えてるところは僕、見たことありません。
 そういう転換点に立ち会う運命の人ですか、なかたにさん?

 なかたにさん、ありがとうございました。

(9/11/1998)

Copyright ©1998 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next

◆あなたの[ゲキもは]話を送ってください◆

 劇場通いにまつわるエピソードを送ってください。
 劇場で見かけたあの素敵な人物はいったい誰。金欠時に私はいかにしてチケット代を捻出したか。劇場の秘密のなごみスポット教えます。劇場での私の不思議なクセ。なんとかしてほしい劇場のあのシステム。etc.
 なんでもけっこうです(誹謗中傷以外は)。
 掲載を希望しない場合、あるいは変名を使いたい場合は、その旨書き添えてください。

[ゲキもは]話は今すぐ こちらへ!


[HOME]