Broadway Musicals Ad at Shubert Alley 11/11/2001

[ゆけむり通信Vol.45]

11/9-11/12/2001


 ワールド・トレード・センター事件(ツイン・タワー・クラッシュと呼ばれているようです)後の劇場街の様子を確かめたくて、先月アタマに急遽出かけたため、結果的に 2か月連続となったニューヨーク訪問。実は、今回の方が先に決まっていた。
 この時期を選んだ最大の理由は、イレイン・ストリッチの期間限定ライヴ。でもって、 01- 02年シーズンの新作も観ようという計画。にもかかわらず、『ママ・ミーア! MAMMA MIA!』を観ていないのはなぜ? というツッコミには、フルプライスで観る気がしないから(とりあえず 11月上旬時点では半額チケットは出ていない)、と正直に答えておこう(ロンドン版の観劇記はこちら)。
 観た作品の内訳は――。先月に続いての『ザウ・シャルト・ノット』(前回はプレヴュー)、先月観られなかった『ユーリン・タウン』、その後始まった『バイ・ジーヴス』、の 3本がオンの新作。『ドラガペラ』はオフの新作レヴュー。それに前述のストリッチのライヴ(よかった!)。……でもって、 12日に観たおなじみ『シカゴ』は、同日の航空機事故による空港閉鎖のあおりで延泊せざるを得なくなった事態のオマケ(こういう言い方が被害に遭われた方たちに対して不謹慎なのは承知してますが、なにしろ実感なもんで。申し訳ない)。
 ともあれ、僕のような日本人観光客が行こうが行くまいが、ニューヨーク劇場街は、ショウ・マスト・ゴー・オンの精神で走り続けている。むしろ危ういのは、新国立劇場の演劇支援が打ち切られようとしている日本の演劇界か。

* * * * * * * * * *

※◆マークはまだアップされていません。

Copyright ©2001 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro

previous/next

Let's go to BROADWAY

How to get TICKETS

[TITLE INDEX]


[HOME]