[ゆけむり通信Vol.30]

6/12/1998
『アズ・サウザンズ・チア AS THOUSANDS CHEER』


1933年の新聞記事レヴュー

 『アズ・サウザンズ・チア』は、アーヴィング・バーリン Irving Berlin (作曲・作詞)、モス・ハート Moss Hart (スケッチ脚本)のコンビによる 1933年の社会時評的レヴューで、当時、マリリン・ミラー Marilyn Miller やエセル・ウォーターズ Ethel Waters が出演した。
 1933年がどのくらい昔かをミュージカル好きのみなさんにわかるように言うと、前年の 1932年の 11月に、フレッド・アステア Fred Astaire 最後のブロードウェイ出演となるコール・ポーター Cole Porter (作曲・作詞)のミュージカル『ゲイ・ディヴォース GAY DIVORCE』が開幕している。と、そのくらい昔。
 その古い古い作品が、ウェスト・ヴィレッジの小さな劇場で、期間限定でリヴァイヴァル上演された。

 こうした規模の小さいショウをニューヨークで観て、いつも感心するのは、出演者が粒ぞろいなことと、装置やなんかも豪華ではないけど全然手を抜いていないってこと。
 このショウも例外ではなく、キャスト(6人)は力のある人ばかりで、装置(アレン・モイヤー Allen Moyer)、照明(カーク・ブックマン Kirk Bookman)などには十二分に工夫が施されている。これなら、古典を上演しても単なる懐古的なリヴァイヴァルでは終わらない。こうした姿勢が、過去の文化を体内に蓄積した、充実した新作を生み出していくんだなあ、と改めて思う。

 さて。
 出演者の1人がプログラムの記事の中で、このショウのことを、「アーヴィング・バーリンの楽曲付き 1933年のサタデー・ナイト・ライヴ」だと言っている。そこまでハチャメチャじゃないが、印象は近い。
 硬軟取り混ぜた時事ネタ(1933年の)を歌やスケッチ(ユーモラスな寸劇)に料理して見せていく、という内容で、各ネタが新聞記事の体裁で現れるのが特徴。
 まず、さる金持ちの家で亭主が犬に噛みつくという事件があり、それをトップ記事にする新聞記者が描かれる。これを導入に、ガンジーがハンスト続行中という国際ネタだの、ジョセフィン・ベイカーやジョーン・クロフォード、ダグラス・フェアバンクス・ジュニア、ノエル・カワードなんていう知られた名前の出てくる芸能ゴシップだの、ホワイトハウスの裏話だの、異常気象のニュースだのが採り上げられていく。中には、“ロンリー・ハート・コラム”なんていう人生相談みたいなのや連載漫画の景もある。ほとんどが大いに笑いを取る中、身元不明の黒人がリンチにあったというシリアスな話も終盤近くに出てくる。
 特に印象的だったシーンをいくつか挙げると――。
 「Through A Keyhole」というナンバーを全員で歌うブロードウェイ・ゴシップのシーンは、後述する移動式の壁を駆使して、キャストが入れ替わり立ち替わり細かい演技を連発。狭い舞台に奥行きを感じさせる、作品中最も動的な景となった。最後の、「彼女がなぜこの役をもらったと思う?」って、そこにいる女優を指差しながら言う歌詞が強烈。
 オチが効いてたという意味では、失業率史上最高記録の場面が最高。失業者らしき連中がたむろしているカフェで、可憐な女性がみんなを励ますように、「Let's Have Another Cup of Coffee」という歌を歌いだす。それに応えて男が1人歌い始め、やがてみんなも笑顔を取り戻してコーラスに加わり、職を求めて去っていく。ほのぼのってやつですかね、と思って観ていると、最初に歌いだした男女が舞台に戻ってきて、ニヤリとしながら懐から、スリ盗った財布や宝石を取り出す。
 天気予報担当の女性が熱波襲来の記事を書きながら歌い、踊り出すのが、ヒット曲となった「Heat Wave」(映画『ショウほど素敵な商売はない THERE'S NO BUSINESS LIKE SHOW BUSINESS』でマリリン・モンロー Marilyn Monroe が歌うやつですね)で、この作品がオリジナル。楽曲の印象度はやはりピカ一だが、天気予報の歌がスタンダードになるなんてね(実は、あの「Easter Parade」もこの作品から出た曲なのだが、ここではカットされた。残念)。

 で、ですね。
 少し前にロンドンに行った友人・矢崎が偶然にも同じ『アズ・サウザンズ・チア』のリヴァイヴァルを向こうで観ていて、プログラムのコピーを送ってくれたのだが、比べてみると違うんですねえ、これが。
 導入の犬噛み話こそ同じだが、その他は順番が全く違うし、ロンドン版よりニューヨーク版の方がネタが少ない。そもそもロンドン版の2幕構成に対して、ニューヨーク版は休憩なしの全1幕というコンパクトな舞台になっている。
 なんでも、ロンドン版はネタについての解説をする人が出てきたそうで(なにしろ外国の半世紀以上前の話ですから)、おそらく、かなりオリジナルに忠実にやった歴史検証的なリヴァイヴァルだったんじゃないだろうか。一方のニューヨーク版は、ズレてるネタは外して現代の感覚で再構成した、と。そういうことじゃないのかなあ。
 とにかく、ニューヨーク版に関しては、古臭さがないと言えばウソになるが、それが適度な上品さに感じられるほどキビキビした運びで、90分間ダレを感じさせなかった。

 最大の勝因は、移動式の壁をうまく使った場面転換。こういうことに関するノウハウの引き出しの多さには、ほんと感心する。
 あらゆる壁が新聞の鉛版を思わせるデザインになっていて細かい凹凸があるので、一見するとわからないのだが、その移動式の壁にはドアが付いているし、奥の壁には金庫の扉やロッカーの引き出しや大きな窓まで付いていて、これらが効果的に使われる。だから、あとは机や椅子しか出てこないのだが、観ている方はけっこう贅沢な気分になる。
 もう1つ、各景のネタを新聞の見出しにして舞台に映し出すスライドも、転換を印象的に見せていた。これも、毎回少しずつ見せ方に工夫があり、芸が細かい。
 スライドは、背景としてもうまく使われ、舞台に広がりを与えた。

 出演者は、ジュディ・カーン Judy Kuhn、ハワード・マッギリン Howard McGillin の『シー・ラヴズ・ミー SHE LOVES ME』コンビ(カーンはブロードウェイに移る前のランダバウト劇場でのヒロイン役)が出ているのにまず驚いたが、よく観れば『トライアンフ・オブ・ラヴ TRIUMPH OF LOVE』の不機嫌な庭師役ケヴィン・チャンバーリン Kevin Chamberlin も出ているし、年輩のメアリー・ベス・ピール Mary Beth Peil はユル・ブリンナー Yul Brynner 最後のリヴァイヴァル『王様と私 THE KING AND I』でアンナ役を務め、トニーにノミネートされた人らしい。残る2人も大きなステージの経験者で、みんな経歴に見合った確かな演技・歌・踊り。
 中でも、ジョセフィン・ベイカーをユーモラスに演じ、歌ったポーラ・ニュースワム Paula Newswome が特に記憶に残った。

 演出/クリストファー・アシュレイ Christopher Ashley、振付/キャスリーン・マーシャル Kathleen Marshall。演奏はピアノ(デイヴィッド・エヴァンズ David Evans)にベースを加えただけだったが、必要にして充分の豊かさ。
 こうした時事ネタ・レヴュー、笑いの人と音楽の人と舞台の人が組めば日本でも出来ると思うのだが。

(6/20/1998)

Copyright ©1998 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

[ゆけむり通信Vol.30 INDEX]


[HOME]