[ゆけむり通信Vol.28]

12/12/1997
『クリスマス・キャロル A CHRISTMAS CAROL』


4年目の MSG ミュージカル

 振付スーザン・ストロマン Susan Stroman、演出マイク・オクレント Mike Ockrent の『クレイジー・フォー・ユー CRAZY FOR YOU』コンビを起用して、ラジオ・シティ・ミュージック・ホールの『クリスマス・スペクタキュラー CHRISTMAS SPECTACULAR』に対抗するように始められた期間限定のファミリー・ミュージカル『クリスマス・キャロル』も、94年のクリスマス・シーズン以来4シーズン目を迎えた。

 最初のシーズン(94-95年)の元旦に観ているので、その時の感想を多少編集して再録する(あらすじは省略。ご存知ですよね)。
 なお、文中にある“パラマウント”というのは、当時のこの劇場の名前です。

 『クリスマス・キャロル』は、“子供でも楽しめる”舞台ということもあって、休憩なしの1幕もので上演時間は約1時間半。その点、量的にはやや食い足りなさが残るが、質的には満足すべき楽しい出来。

 まず、トニー・ウォルトン Tony Walton のセットが素晴らしい。
 パラマウントは、ラジオ・シティのように階上の席はないものの、舞台を支点に客席が扇状にグワーッと広がっていく大劇場(5,600席)。入ると、横に広い舞台からさらに両側の壁に沿って延びる形で、19世紀のロンドンの街並がズラリと並んでいる。これが単なる書割ではなく立体的なセットで、実際にそこで演技が行なわれる。そんな訳で、開演前から劇場全体がロンドンの街の雰囲気に包まれる。
 その他のセットも、適度な重厚さを漂わせつつ現代的な感覚でデザインされ、鮮やかに転換。幕が下りることなく全14景、流れるように場面が変わっていく。

 それに加え、ゴーストたちの、宙吊りやライティングのトリック等を駆使したケレンに満ちた登場の仕方と、彼らの異様だが魅惑的な衣装 (ウィリアム・アイヴィ・ロング William Ivey Long)、広い舞台を埋め尽くす街の人々の数、フィナーレ前に客席にまで降り出す大雪……と、スペクタクルな魅力がいっぱいで、飽きない。

 ダンス場面も豊富で、若いスクルージの勤務先でのクリスマス・パーティで客たちが精力的に動き回る華やかなダンス、“現在のクリスマスのゴースト”が持ってきた擬人化されたクリスマスの贈り物たちの悪夢的なライン・ダンス等、いずれも時間をたっぷりとった見せ場になっている。

 音楽は、作曲がアラン・メンケン Alan Menken、作詞がリン・アーレンズ Lynn Ahrens。フィナーレで歌われる (もっと前にも1度歌われるが)「God Bless Us, Everyone」が気持ちのいいバラードで印象に残る。

 もとよりドラマ部分が深く描かれるタイプの作品ではないが、スクルージ役のウォルター・チャールズ Walter Charles 以下、出演者は皆柄にはまって達者で、安心して観ていられる。

 最も大きな変化は、冒頭にあった墓場のシーンと墓掘り人の歌「The Years Are Passing By」がなくなって全13景になったこと。
 「The Years Are Passing By」はフィナーレ前にもう1度歌われていたのだが、そこでのタイトルが今回は「London Town Carol」となっている。全く別の曲なのかどうか確認できていない。
 それ以外にもかなり手を加えられていると思う。なにしろ3年前のことなので細かいところまでは覚えていないが、“現在のクリスマスのゴースト”が持ってくる(連れてくる?)贈り物たちのダンスは、かなり振付が変わっているように思えた。
 とにかく、アイディアいっぱいでテンポよく、今回も非常に楽しかった。

 今シーズンのスクルージ役はハル・リンデン Hal Linden とロディ・マクドウォル Roddy McDowall のトニー賞役者によるダブル・キャスト。
 僕が観た回はリンデンで、うまいうまい。
 もう1人スター扱いされているのが、“現在のクリスマスのゴースト”役のケン・ペイジ Ken Page。『エイント・ミスビヘイヴン AIN'T MISBEHAVIN'』『キャッツ CATS』のブロードウェイ・オリジナル・キャストとして知られている。
 個人的には、ジョエル・ブラム Joel Blum(『スティール・ピア STEEL PIER』)が“過去のクリスマスのゴースト”役で絶妙な動きを見せてくれていたのがうれしかった(ストロマンのコネクションですね)。

 前回の報告では書き落としているが、宙吊り、すなわちフライングはフォイ Foy、照明はジュールズ・フィッシャー&ペギー・アイゼンハワー Jules Fisher & Peggy Eisenhauer。
 最初のシーズンには、はスクルージのフライングがあったような気もするんだが、記憶違いかなあ。どなたかご存知だったら教えてください。

(1/15/1998)

Copyright ©1997 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

[ゆけむり通信Vol.28 INDEX]


[HOME]