PTC PERFORMANCE SPACE(One of the theaters for NYMF) 7/10/2014

[ゆけむり通信Vol.114]

7/9-7/14/2014


  • 7月 9日20:00
    『アカデミア・ナッツ ACADEMIA NUTS』(NYMF)
    ALICE GRIFFIN JEWEL BOX THEATRE(at Pershing Square Signature Center) 480 West 42nd Street
  • 7月10日13:00
    『地図製作者のオペラ THE MAPMAKER'S OPERA』(NYMF)
    PTC PERFORMANCE SPACE 455 West 42nd Street
  • 7月10日17:00
    『ロミオを探して SEARCHING FOR ROMEO』(NYMF)
    PTC PERFORMANCE SPACE 455 West 42nd Street
  • 7月10日20:00
    『マニュエル対自由の女神 MANUEL VERSUS THE STATUE OF LIBERTY』(NYMF)
    STUDIO THATRE(at Theatre Row) 410 West 42nd Street
  • 7月11日13:00
    『クローンド! CLONED!』(NYMF)
    ALICE GRIFFIN JEWEL BOX THEATRE(at Pershing Square Signature Center) 480 West 42nd Street
  • 7月11日16:00
    『桂林 GUILIN』(NYMF)
    STUDIO THATRE(at Theatre Row) 410 West 42nd Street
  • 7月11日20:00
    『アトミック ATOMIC』
    ACORN THATRE(at Theatre Row) 410 West 42nd Street
  • 7月12日13:00
    『まだらのバッファロー THE CALICO BUFFALO』(NYMF)
    STUDIO THATRE(at Theatre Row) 410 West 42nd Street
  • 7月12日16:00
    『今夜 FOR TONIGHT』(NYMF)
    STUDIO THATRE(at Theatre Row) 410 West 42nd Street
  • 7月12日19:00
    『怪談乳房榎』
    ROSE THATER(at Lincoln Center's Frederick P. Rose Hall) Broadway at 60th Street
  • 7月13日12:00
    『あなたとどこかで SOMEWHERE WITH YOU』(NYMF)
    ALICE GRIFFIN JEWEL BOX THEATRE(at Pershing Square Signature Center) 480 West 42nd Street
  • 7月13日14:00
    『心のカケラ/バート・バーンズ・ストーリー PIECE OF MY HEART:The Bert Berns Story』
    IRENE DIAMOND STAGE(at Pershing Square Signature Center) 480 West 42nd Street
  • 7月13日20:00
    『苦悩の銃剣 BAYONETS OF ANGST』(NYMF)
    FORD FOUNDATION STUDIO THEATRE(at Pershing Square Signature Center) 480 West 42nd Street
  • 7月14日16:00
    『アムレント・アヴェニュー210番地 210 AMLENT AVENUE』(NYMF)
    STUDIO THATRE(at Theatre Row) 410 West 42nd Street
  • 7月14日18:00
    『私たちが静かに横たわる時 AS WE LIE STILL』(NYMF)
    PTC PERFORMANCE SPACE 455 West 42nd Street
  • 7月14日20:00
    『雪の女王 THE SNOW QUEEN』(NYMF)
    ALICE GRIFFIN JEWEL BOX THEATRE(at Pershing Square Signature Center) 480 West 42nd Street
* * * * * * * * * *

 2012年から秋開催が夏開催に変わったNYMF(ニューヨーク・ミュージカル・シアター・フェスティヴァル)。今年も行きました。併せて、勘三郎没後初の中村座のニューヨーク公演も。
 と盛りだくさんでしたが、第1次アップは、オフの注目作の感想のみです(笑)。

 『心のカケラ/バート・バーンズ・ストーリー』は、1960年代にR&B系のプロデューサー/ソングライターとして活躍したバート・バーンズ Bert Berns の短い半生(1929年生まれ、1967年没)を描いたミュージカル(脚本/ダニエル・ゴールドファーブ Daniel Goldfarb、演出/デニス・ジョーンズ Denis Jones)。
 子供の時に患ったリウマチ熱のために命が短いことを意識して奔放に生きたバーンズ。父のことをよく知らないまま育ち、今は売れないシンガー・ソングライターであるバーンズの娘が、バーンズの元マネージャーから話を聞く、という形で話は進むが、そこに、音楽のために自分がなおざりにされたと感じてバーンズの楽曲を売り払おうとする母も絡んで、亡きバーンズを巡る三者間の葛藤が、夭折した音楽家の光と影を映し出す。
 ドラマとして深みを生むところまでは行っていないが、バーンズのがむしゃらなキャラクターが魅力的に描かれていて、ザック・レズニック Zak Resnick も好演。加えて、娘役のレズリー・クリッツァー Leslie Kritzer(『ケイタード・アフェア A CATERED AFFAIR』)、母役のリンダ・ハート Linda Hart(『ヘアスプレイ HAIRSPRAY』)は、2005年の好舞台『THE GREAT AMERICAN TRAILER PARK グレイト・アメリカン・トレイラー・パーク』で共演もしていた芸達者たちで、舞台全体はかっちりとまとまって見えた。なにより、バーンズの書いた楽曲群(「Twist And Shout」「Cry Baby」「Cry To Me」「Hang On Sloopy」「Here Comes The Night」「Piece Of My Heart」他)が素晴らしい。
 この“ミュージカル”、『ジャージー・ボーイズ JERSEY BOYS』『ビューティフル BEAUTIFUL:The Carole King Musical』の系譜に属する、本来はプレイ・ウィズ・ミュージカルと呼ぶべき作品だが、このレヴェルの仕上がりなら、これからもいろいろと“ミュージシャン/ソングライターの伝記的ミュージカル”を観てみたい気はする。

 以上、第1次アップでした。

(11/24/2014)

Copyright ©2014 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro

previous/next

Let's go to BROADWAY

How to get TICKETS

[TITLE INDEX]


[HOME]