『香港ラプソディー HONGKONG RHAPSODY』
ディック・リー Dick Lee(WEA)

不当な評価を受けた亜門ミュージカル

 もう再演されることはないのだろうか。
 香港の中国返還を間近に控えた今となっては。

 宮本亜門(演出・振付)とディック・リー Dick Lee (作曲)が組み、名曲「China Rain」(作詞/竜真知子)を生んだこのミュージカル。弱点は抱えながらも、日本のオリジナル・ミュージカルの可能性を示した作品だったのに。

 『香港ラプソディー』は、1993年の3月1日から4月11日まで東京・アートスフィアで、4月16日から30日まで大阪・シアタードラマシティで上演されたのだが、東京公演中の3月27日、朝日新聞夕刊の文芸欄でもないところに、とんでもなく否定的な批評が載った。
 書いたのは長坂寿久という人(肩書きは国際貿易投資研究所研究主幹)。
 あまりに一方的なその書きぶりに憤りを覚えた僕は、生まれて初めて新聞に投書というものをしたのだが、当然の如く採用されなかった。そのボツ原稿が残っているので、少し長いがここにペーストする。

* * * * * * * * * *

 3月27日夕刊、コーヒーブレーク欄、長坂寿久氏の『香港ラプソディー』というコラムに異議がある。

 ここで長坂氏は最近の2つのミュージカルを採り上げ、[日本の映画や芝居は、過去二十年にわたって、日本人の中核であるサラリーマンも、隣国アジアとのかかわりもほとんど描いてこなかった]ことの例証として批判している。
 その2つのミュージカルの内、ふるさとキャラバンの『サラリーマンの金メダル』を私は観ていないので、ここでは話を、もう1つの『香港ラプソディー』に限るが、長坂氏の姿勢はいささか公正さを欠くと言わねばならない。

 氏は、この作品を、登場する女性が[みな売春婦]で、その女性が[自らが死ぬ結果となる恋の相手をアメリカ人でなく日本人に変えただけという『ミス・サイゴン』の焼き直し]だと言い、[古臭い]と決めつけている。
 そして、[ミュージカルとしては]、[天安門事件をたまたま知って突然目覚めたと思い込んだ脳天気な日本人が、アジアとかかわろうと出かけたが、結局はおじゃま虫で、迷惑をかけただけということを描いたブラックユーモアとして見ると、大変面白く、ゾーッとしてくる]ところが[ブロードウェイ風に十分楽しめる]と続ける。

 おそらく、長坂氏はミュージカルがそれほど好きではないのだと思う。あるいは、ミュージカルの楽しさがわかっていない。

 『香港ラプソディー』が、[日本の若い制作者たちがアジアとかかわるために作った新しいミュージカルというふれ込み]だからといって、[アジアとのかかわり]の描写が甘いことだけを指摘して鬼の首をとったように大騒ぎするのは、批評として公正でない。
 この場合、ストーリーが弱い、と言えば充分だと思う。
 もちろん、それはミュージカルにとっては弱点ではあるが、しかし、それを補って余りある魅力があることも、きちんと説明すべきだ。

 可動式の舞台装置を駆使して高さ・奥行き・左右の広がりを100%使いきった、視覚的にも鮮やかな立体的人物配置と重層的なドラマの進行。
 それを捌ききり、なおかつスピーディでメリハリの利いた展開に仕上げた見事な演出。
 適度に抑制の効いた演技。
 豊かな情感をたたえた美しいテーマ曲。
 なにより、歌、ドラマ、踊りが一体となった、自然でリズミカルなノリ。
 ここにはミュージカルの楽しさがつまっている。
 そうした素晴らしさを認めた上で、ストーリーの弱さを指摘するのが批評のバランスというものだろう。

 さらに言うと、きちんと観れば、これが『ミス・サイゴン』の焼き直しなどではないことは誰の目にも明らかだ。

 長坂氏は、自身の主張を裏付けるための素材として、たまたま観たミュージカルの欠点をクロースアップしたのかもしれないが、作品が上演中であることを考えれば、はなはだ配慮の欠けた行為であったと言える。

* * * * * * * * * *

 このコラムは極端な例だが、同時期に他の媒体に載ったいくつかの批評も、ストーリーの弱さ、日本人と中国人、香港人とのかかわりに対する掘り下げの浅さを(僕に言わせれば)“ことさら”指摘し、そして、楽曲や演出の手際についてはきちんと評価していないのだった。
 そこに、ある種バッシングのような空気を感じたのは僕だけだったのだろうか。

 以降、94年『月食』、95年『マウイ』と、宮本亜門の手がけるオリジナル・ミュージカルは妙に“わかりにくい”形で登場する。
 その背景には、“語りやすいミュージカル”『香港ラプソディー』が批評的に不当な扱いを受けたという宮本亜門の思いがあった、というのが僕の推測だ。『月食』『マウイ』もミュージカルと呼ばず、前者をサイケ歌舞伎、後者を熱帯祝祭劇と銘打ったのも同じ理由からではなかったか。

 まあ、そんな邪推はさておいて。

 ここに紹介するCD『香港ラプソディー』は、ミュージカル『香港ラプソディー』のオリジナル・キャスト盤ではない。イメージ・アルバムという呼び方で売られた、作曲者ディック・リー名義の同ミュージカル楽曲集で、ディック・リーが英語で歌っている1曲を除いてはインストゥルメンタル演奏だ。
 名曲「China Rain」のシンプルだが深みのある歌詞も残念ながらここでは聴かれないが、叙情的なメロディは充分に美しく、心を打たれる。
 その他の楽曲も曲想が豊かで、たとえ舞台を観ていなくても飽きることはない。

 日本のオリジナル・ミュージカルに接する時、最も不満を感じるのが、ミュージカルの魅力の根本である楽曲の質であることを思えば、『香港ラプソディー』の楽曲の充実ぶりはただごとではない。
 「China Rain」以外では歌詞がやや説明的になっていた嫌いもなくはないが、それは練り直せばいい。それで名曲に変わる楽曲が何曲もある。
 それほど水準が高い。

 傑作になりうるこの舞台、香港の返還にかかわりなく(かかわってもけっこうですが)、ぜひとも再演してほしい。
 『香港ラプソディー』のように可能性を多く持ったミュージカルを歴史の片隅に埋もれさせていては、日本のオリジナル・ミュージカルに明日はないのであります(と、突然演説口調になる)。
 “たかが”ストーリーやテーマの弱点をあげつらうような“批判”は断固無視すべきなのであります、宮本さん。

(5/18/1997)

 『香港ラプソディー』再演希望の方はこのコーナーをご覧ください。

Copyright ©1997 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next


[HOME]