『LOVELY TO LOOK AT』
Original Motion Picture Soundtrack(RHINO)

足なが姉さんの高速タップ

 PBS(TV局)に残されたオリジナル・キャストによるソング&ダンス・シーンのオンエア映像を集めたヴィデオ・ソフト『BROADWAY'S LOST TREASURES』(Acorn Media)のボーナス映像で、ミッキー・ルーニー Mickey Rooney と一緒に歌い踊る『シュガー・ベイビーズ SUGAR BABIES』の 1場面を観たばかりだったので、なんだか変な感じがした。 22日(現地時間)のアン・ミラー Ann Miller の訃報。

 プレイビル・オンラインの記事によれば、享年 80歳。 1919年(4月)生まれだと言われていた生年が実は 1923年であることが最近わかったという。 4歳年上に(!)サバを読んでいた理由は、 10代の頃からプロとして働くためだとか。
 アン・ミラーと言えば『イースター・パレード EASTER PARADE』、と僕のような遅れてきた後追いのミュージカル・ファンは思うわけだが、そこでのミラーは、主演のジュディ・ガーランド Judy Garland が初心な娘を演じていたせいもあって、かなり成熟した女性の印象だった。しかし、実際には、 1922年 6月生まれのガーランドよりも 1つ若く、対等のダンス・パートナー役に見えたフレッド・アステア Fred Astaire(48歳)の半分の年齢(24歳)でしかなかったとは驚き。ある種の老け顔なのかな。それとも、あのキリッとしたメイクのせいで大人びて見えるのか。

 ま、顔はともかく(別に、悪いってことじゃなく)、アン・ミラーと言えば、足。そして、その足が繰り出す高速タップ。
 プレイビル・オンラインの訃報記事(著者ロバート・シンプソン Robert Simonson)でも、冒頭で、 [Ann Miller, the leggy, effervescent tap dancer] と表現している。美脚で快活なタップ・ダンサー、ってとこか。 [the best and fastest female tap dancer Hollywood had ever seen] なんていう表現も見える。ハリウッド映画史上最高最速の女性タップ・ダンサーだ、と。 1秒間に 12回靴を鳴らすことが出来た、とも書いてある。じゃあエリナー・パウエル Eleanor Powell はどうなるんだ、という声が聞こえてきそうだが、どうなんでしょう(笑)。
 ともあれ、その脚線美を誇る長い足を強調した衣装を着ての速いテンポのタップ・ダンスが彼女の“ウリ”だったことは確か。その代表が、『イースター・パレード』での「Shaking the Blues Away」だってことになるのだろう。

 上に載せた写真は、 1952年公開の映画『ラヴリー・トゥ・ルック・アット LOVELY TO LOOK AT』の CDジャケットだが、ここでも、アン・ミラーは中央で自慢の足を披露している。が、よく見ていただきたい。写真の扱いが大きいにもかかわらず、名前の扱いは、キャスリン・グレイソン Kathryn Grayson とハワード・キール Howard Keel、それにレッド・スケルトン Red Skelton の 3人より小さい。
 この作品のみならず、結局、映画では主演扱いにはならなかったアン・ミラーだが(彼女の役どころが一番大きかった映画が『イースター・パレード』だと思う)、僕の観る限り、どの映画でも彼女が足を大胆に露出して踊るシーンは大きな観どころとなり、そのダンスによって、彼女は多くの人々の心に残った。
 この『ラヴリー・トゥ・ルック・アット』、それに、この CDにボーナス・トラックとしてサウンドトラック・ナンバーが数曲収録されている、やはりアン・ミラーの出演した『テキサス・カーニヴァル TEXAS CARNIVAL』(1951年公開)は、どちらも日本未公開で、現段階ではヴィデオの入手も困難であり、僕は両方未見だが、 CDジャケット内の写真を観ると、そのいずれもで、ミラーは足を“魅せる”ダンスを踊っているようだ。
 鍛え抜いた一芸でダンサー人生を全うした潔いアン姉さん。上の 2作を含め、彼女の踊っている映画を全部観てみたい。そんな気持ちに、今なっている。

 蛇足だが、『ラヴリー・トゥ・ルック・アット』は、 1933年のブロードウェイ・ミュージカル『ロバータ ROBERTA』を同名のまま脚色映画化した 1935年のアステア=ロジャース映画のリメイク。

 さらに蛇足。『BROADWAY'S LOST TREASURES』はかなり話題になったが、やはり昨年出た、エド・サリヴァン・ショウのブロードウェイ・ミュージカル関連部分を集めた『THE BEST OF BROADWAY MUSICALS ORIGINAL CAST PERFORMANCES FROM THE ED SULLIVAN SHOW』もお忘れなく。

(1/25/2004)


 [現段階ではヴィデオの入手も困難であり] と書いた『ラヴリー・トゥ・ルック・アット』『テキサス・カーニヴァル』だが、 Amazon.com で調べたら、どちらも買えることが判明(笑)。さっそく注文しました。届いたら、また改めて報告を。

(1/26/2004)

Copyright ©2004 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro

previous/next


[HOME]