Jan.-Mar./2004

Let's go to BROADWAY

How to get TICKETS


 [EXTRA!EXTRA!] 更新。「海外ミュージカルファンに100の質問」への回答アップです。
 クワストさんのウェブサイトにリニューアル記念で掲載された「質問」への回答です。

 2月 13日以降に観た舞台は、『薔薇の封印〜ヴァンパイア・レクイエム〜『リビング・メモリー LIVING MEMORY(MEMOIRE VIVE)』『世紀末のカーニバル』『ダウンタウン・フォーリーズ Vol.2』『くるみ割り人形 NUTCRACKER!』『その場しのぎの男たち』『トゥ・ピアノズ、フォー・ハンズ 2 PIANOS, 4 HANDS』。ミュージカルじゃない舞台が多いですねえ。
 『薔薇の封印〜ヴァンパイア・レクイエム〜は宝塚月組トップ紫吹淳のサヨナラ公演。全 2幕の大作だが、小池修一郎の脚本は、そもそものねらいは悪くないものの、雰囲気重視でかなり緩い。結局は、紫吹はじめ役者の魅力に頼って、なんとか成り立った。中でも霧矢大夢の力は大きい。
 『リビング・メモリー』は、カナダのケベック州(つまりフランス語圏)で活動するレ・ドゥ・モンドという劇団の、不思議な作品。生の役者と、現在進行形の小型カメラを通した映像と、あらかじめ録画された映像を、舞台上で“絡めて”みせるパフォーマンス。手法は面白かったが、もっと小さい劇場の親密な空気の中でやるべき作品か。
 『世紀末のカーニバル』は、斎藤憐の書き下ろした、日本に帰って(やって)きた日系ブラジル人たちの話。木村光一演出による地人会公演。斎藤憐は、例によって、近代日本の“もう 1つ”の歴史をたどって、今の日本の姿を炙り出す。『上海バンスキング』の作者らしく、劇中で音楽を効果的に使う。こうした視点を持ったミュージカル作者が、ぜひ欲しい。音楽は歴史なんだから。
 『ダウンタウン・フォーリーズ Vol.2』。改訂版だが、第 1作同様、島健の音楽が冴える。 4人の役者も持てる力を十分に発揮。ただ、製作者、構成作家の志が“ほどほど”なので少しがっかりするのも、第 1作同様。別に社会性が足りないとかってことじゃなく、脚本の練り込みが全然足りないと思う。
 『くるみ割り人形』は、『スワン・レイク SWAN LAKE』『ザ・カー・マン(カーメン) THE CAR MAN』のマシュー・ボーン Matthew Bourne が初めての全編振付を担当した 92年のバレエ作品らしい。このところの人気に乗じての再演ってとこでしょうか。構成はかなりシンプルで、セットもハリウッド映画の夢のシーン的な甘いイメージ。悪くはないが、クリスマス・シーズンにご家族でお楽しみを、という作品か。それにしちゃあ値段高すぎ。
 『その場しのぎの男たち』は、三谷幸喜作の東京ヴォードヴィルショー 30周年記念公演。ホントは昨年秋の伊東四朗が客演した時に観たかったのだが、チケットが入手出来ず、やむなく追加公演を追いかけた。客演は青年座の山本龍二。かなり笑ったが、くの一はどうなんでしょう。あそこだけ現実感がなくなるんだけど。
 98年春にオフ・ブロードウェイで観て以来の『トゥ・ピアノズ、フォー・ハンズ』。セットは違ったが、中身はほぼ同じ。感想は、その時の観劇記に書いた通り。しかし、この舞台をやり続けている 2人の人生って……。

 オランダのミュージカル映画『クリビアにおまかせ! JA ZUSTER NEE ZUSTER』をようやく観ました。思いっきり緩い『ロシュフォールの恋人たち LES DE MOISELLES DE ROCHEFORT』ってとこでしょうか。ま、楽しみました。
 あ、そう言えば、つい最近、『夢のチョコレート工場 WILLY WONKA & THE CHOCOLATE FACTORY』を深夜に TVでやってましたね。ちょっと驚きました。

(3/25/2004)


 ゆけむり通信 [Tokyo and] 更新。『ピュア・ラヴ』のアップです。
 昨年秋に観た舞台、今更ですが大批判です(笑)。

 時間がないので、前回更新以降に観た舞台の感想は、次回に。

(3/13/2004)


 ゆけむり通信 [West End] 更新。久々に訪れたウェストエンドの観劇リストのアップです。
 一緒に、 [WEST END GUIDE] の tkts 情報も若干更新。ロンドン tkts の写真も新しくしました。

(2/13/2004)


 ゆけむり通信 [Broadway] 更新。『アヴェニューQ』のモデル問題に追記。
 一応のオチをつけました。でも、ミュージカルとは関係のない、まあ世間話のようなものです(笑)。

(1/31/2004)


 [MY FAVORITES] 更新。『ラヴリー・トゥ・ルック・アット』アップ。
 アン・ミラーの訃報に接して、出演映画のサントラ盤絡みの話題を採り上げました。

(1/25/2004)


 [BROADWAY GUIDE] 更新。「劇場に行く」に、「JFKから最も安くマンハッタン入りするには」を追加アップ。
 エアトレイン開通に伴う情報です。

(1/22/2004)


 ゆけむり通信 [Broadway] 更新。『ネヴァ・ゴナ・ダンス』に、オープン後の観劇記を追加アップ。
 あくまで追加。細かい更新です(笑)。

 寒いし、世の中ろくなことが起きてませんが、みなさんお元気ですか。僕はイマイチ(笑)。

(1/19/2004)


 ゆけむり通信 [Broadway] 更新。予告通り観劇リストのアップです(笑)。

 今日、『ドキ・ドキ・ナイト!』を観ました。島田歌穂の歌と踊りを観られたので、まあ、いいのですが(笑)、構成も演出も中途半端。もっと一生懸命作ってほしいと心から思います。

(1/15/2004)


 ゆけむり通信 [Broadway] 更新。『ウィッキッド』アップ。
 約束が果たせました。初の現地からの更新です(笑)。

 でもって、本日正午過ぎには、東京にに向けて出発です。ニューヨークも寒かったけど、なんだか東京も寒そうですね。
 観劇リストのアップは 15日の予定です。では。

(1/13/2004)


 ゆけむり通信 [Broadway] 更新。『ネヴァ・ゴナ・ダンス』アップ。
 なんだか『クレイジー・フォー・ユー』讃歌みたいになっちゃいましたが(笑)。

 本日午後、ニューヨークに向けて出発です。秋の新作の観残しを中心に楽しんできます。
 そんなわけで、『ウィッキッド』の観劇記は 2度目を観てからになります。うまくすれば、向こうに滞在中にアップ出来る……かも。あくまで“かも”ですので、期待しないで待ってください(笑)。
 去年の 1月に比べると超寒そうなので、ちょっと心配。年齢を重ねると寒さが身にしみます。

 ともあれ、本年もよろしくお願いします。

(1/7/2004)


previous/next


[HELLO!]

Copyright ©2004 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro