劇場通いを止めるのはもはや死ぬときだ!


払い戻されなかったチケットの記憶

 今回(9/21-9/25/2005)のニューヨークでの観劇率(舞台数/滞在日数)は“ニューヨーク・ミュージカル・シアター・フェスティヴァル”のおかげで過去最高を記録したが、思わぬ誤算もあった。 9月 24日の夜の『ミラクル・ブラザーズ MIRACLE BROTHERS』が半分しか観られなかったのだ。
 幕間も終わりに近づき、第 2幕を観ようと観客が席に戻ってきた頃、スタッフが舞台に現れて、「申し訳ないが、出演者の 1人が声が出なくなったので、今日の公演は続けられない」と言う。ついては後日改めて振り替えで観ていただくので連絡をくれ、と、ゼネラル・マネージャーの名刺をみんなに渡すスタッフ(彼がゼネラル・マネージャーか?)。
 後日って言われてもなあ、と、 2日後にはニューヨークを離れる僕は思ったのだが、劇場窓口はすでに閉まって発券業務は終わっているし、ま、次回の渡米時にも公演が続いていることを祈って“後日”劇場側と相談してみるしかないか、という結論に達した。
 で、善後策をいろいろと考えながらの帰路、そういえば公演が中止になったのに払い戻してもらえなかったチケットがあった、という記憶がよみがえってきた。

 あれは確か、 96年の 1月 8日、日曜日。『クレイジー・フォー・ユー CRAZY FOR YOU』のブロードウェイ最終公演を観た翌日のことだ。
 前日から降り始めた雪が激しくなり、マンハッタンは雪に覆われた。なんでも観測史上 3番目の積雪量だったそうで、地上の交通は完全にマヒ。ブロードウェイには、スタックしたままバスが乗り捨てられていた。
 当然、ほとんどの公演が中止になり、僕が観る予定にしていたメトロポリタン・オペラも中止になったが、その新作オペラ『マクロプーロス事件 THE MAKROPOULOS CASE』の中止は、実はこれが 2度目だった。数日前に迎えた初演の日に、開演早々、舞台上で役者がハシゴ(書架にかかっていたらしい)から落ちて重態になり(結局その日の内に亡くなった)、中止になっていたのだ。でもって、仕切り直しの日が大雪で中止。ネタが殺人事件だし(ホントか?)、呪われたオペラなんじゃないか、という噂が立ったとか立たなかったとか。
 まあ、なにはともあれ僕は、買ってあったチケットを払い戻しに、地下鉄でリンカーン・センターに出かけた。人影の少ない街中だが、さすがにオペラハウスの劇場窓口には人が並んでいた。おそらく、払い戻すのではなく、別の日に振り替えたい熱心なオペラ・ファンなのだろう。その証拠に、窓口であれこれやりとりしていて(この日はどの席が空いているか、別の日はどうだ、などとやっているに違いない)、やたらに時間がかかる。が、こちらも急いでいるわけではないので、本を読みながら待っていた。
 ところが、あと数人で僕の番になるという頃、突然、窓口が閉まり始めたのだ。続けて、警備員が(確か、警備員だった。事情は後述の通り)、窓口のコンピュータがダウンしたので今日の取り扱いは終わりだ、とアナウンスする(まだネット環境が整備されていなかったこの頃、リンカーン・センターではこういうことが時折起こっていたらしい)。おいおい、と思って詰め寄り、明日この地を離れるので是非とも今日払い戻したいのだが、と言うと、自分にはわからないので明日以降にしてくれと言うばかり(だから警備員だったと覚えているのですね)。
 結局あきらめ、次善の策として、在住の知人にチケットを預け、誰か観たい人がいたら振り替えて観てくれるように頼んで、翌日、帰国の途についた。

 と、まあ、そんな話。
 それにしても、あの時――って『ミラクル・ブラザーズ』が中止になった時だが、思えば、まだ 9時半だったから、久しぶりに『ブルー・マン Blue Man Group TUBES』が(チケットが買えればだが)観られたのに。残念。
 でもって、『ミラクル・ブラザーズ』、あの後、話はどうなるのだろう。ホント、続きが観たい。

 なお、この回のタイトルは『予告された殺人の記録 CHRONICLE OF A DEATH FORETOLD』の“もじり”です(笑)。

(9/27/2005)

Copyright ©2005 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro

previous/next

◆あなたの「ゲキもは」話を送ってください◆

 劇場通いにまつわるエピソードを送ってください。
 劇場で見かけたあの素敵な人物はいったい誰。金欠時に私はいかにしてチケット代を捻出したか。劇場の秘密のなごみスポット教えます。劇場での私の不思議なクセ。なんとかしてほしい劇場のあのシステム。etc.
 なんでもけっこうです(誹謗中傷以外は)。
 掲載を希望しない場合、あるいは変名を使いたい場合は、その旨書き添えてください。

[ゲキもは] 話は今すぐ こちらへ!


[HOME]