97-98年トニー賞発表と感想

参考までに、トニー賞の予想をご覧ください。

 97-98年トニー賞が発表になりました。各作品のノミネーション数と受賞数は以下の通りです(なんだ、3作品しか獲ってないじゃん)。


 各部門の受賞結果は以下の通り(受賞は赤字、受賞予想が、僕の投票が)。

  • 作品賞
     『THE LION KING』
     『RAGTIME』
     『THE SCARLET PIMPERNEL』
     『SIDE SHOW』
  • リヴァイヴァル作品賞
     『CABARET』
     『THE SOUND OF MUSIC』
     『1776』
  • 主演女優賞
     Betty Buckley 『TRIUMPH OF LOVE』
     Marin Mazzie 『RAGTIME』
     Natasha Richardson 『CABARET』
     Alice Ripley & Emily Skinner 『SIDE SHOW』
  • 主演男優賞
     Alan Cumming 『CABARET』
     Peter Friedman 『RAGTIME』
     Brian Stokes Mitchell 『RAGTIME』
     Douglas Sills 『THE SCARLET PIMPERNEL』
  • 助演女優賞
     Anna Kendrick 『HIGH SOCIETY』
     Tsidii Le Loka 『THE LION KING』
     Audra McDonald 『RAGTIME』
     Mary Louise Wilson 『CABARET』
  • 助演男優賞
     Gregg Edelman 『1776』
     John McMartin 『HIGH SOCIETY』
     Ron Rifkin 『CABARET』
     Samuel E. Wright 『THE LION KING』
  • 演出賞
     Julie Taymor 『THE LION KING』
     Frank Galati 『RAGTIME』
     Scott Ellis 『1776』
     Sam Mendes & Rob Marshall 『CABARET』
  • 振付賞
     The Forever Tango Dancers 『FOREVER TANGO』
     Graciela Daniele 『RAGTIME』
     Garth Fagan 『THE LION KING』
     Rob Marshall 『CABARET』
  • 楽曲賞
     Stephen Flaherty & Lynn Ahrens 『RAGTIME』
     Paul Simon & Derek Walcott 『THE CAPEMAN』
     Henry Krieger & Bill Russell 『SIDE SHOW』
     Elton John, Tim Rice, Lebo M, Mark Mancina, Jay Rifkin, Julie Taymor & Hans Zimmer 『THE LION KING』
  • 脚本賞
     Terrence McNally 『RAGTIME』
     Nan Knighton 『THE SCARLET PIMPERNEL』
     Roger Allers & Irene Mecchi 『THE LION KING』
     Bill Russell 『SIDE SHOW』
  • 編曲賞
     William David Brohn 『RAGTIME』
     Robert Elhai, David Metzger & Bruce Fowler 『THE LION KING』
     Michael Gibson 『CABARET』
     Stanley Silverman 『THE CAPEMAN』
  • 装置デザイン賞
     Bob Crowley 『THE CAPEMAN』
     Richard Hudson 『THE LION KING』
     Eugene Lee 『RAGTIME』
     Quay Brothers 『THE CHAIRS』 (play)
  • 衣装デザイン賞
     William Ivey Long 『CABARET』
     Santo Loquasto 『RAGTIME』
     Julie Taymor 『THE LION KING』
     Martin Pakledinaz 『GOLDEN CHILD』 (play)
  • 照明デザイン賞
     Peggy Eisenhauer & Mike Baldassari 『CABARET』
     Jules Fisher & Peggy Eisenhauer 『RAGTIME』
     Donald Holder 『THE LION KING』
     Paul Anderson 『THE CHAIRS』 (play)

 『ライオン・キング』が獲っちまいましたね、作品賞。ちょっと意外でしたが、まあ、なので、僕としては妥当な評価という感想。
 本当に意外だったのは助演女優賞で、オードラ・マクドナルドは確かにいい女優ですが、予想のところでも書いたように、今回は以前の2回の受賞時に比べると魅力を発揮できてないと思うんだけどなあ。もっとも、役者は主演男優以外は混戦でしたからねえ。
 楽曲賞、編曲賞『ラグタイム』へのエクスキューズのような気がするんですが。
 でも、総じてがピタリと当たっていて、まあ、それだけスリルのない賞レースだったってことでしょう。
 しかし、賞を獲ったのが、ディズニーにライヴェントにランダバウトという、旧勢力からは外れたラインのプロダクションであるあたりに、ブロードウェイの危機感と可能性を感じたりもします。

 なお、予想の時にも書いたことを繰り返しますが、トニー賞は興行成績に影響を与えるのでプロダクションにとっては重要ですが、我々観客としてはあくまで話のタネだというぐらいに考えておきましょう。

(6/8/1998)

Copyright ©1998 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next


[HOME]