タップ・ファン必見のイヴェント in N.Y.

 4月6日にニューヨークで行なわれるイヴェントなので、そう簡単には出かけられないと思いますが、ちょっとばかしホットな内容なのでお知らせします。

 タイトルは『From Harlem To Hollywood A TRIBUTE TO TAP LEGENDS THE NICHOLAS BROTHERS』。会場はカーネギー・ホール。
 タップ・ファンには説明は不要かと思いますが、ニコラス・ブラザーズとは、映画『ストーミー・ウェザー STORMY WEATHER』(ヴィデオあり)などの映像で今でもその華麗かつアクロバティックなタップを拝める伝説的な黒人兄弟のダンス・コンビ。

 で、今回のイヴェント、出演者がすごい。
 その『ストーミー・ウェザー』の主役でもあった、これまた伝説的な大スター、リナ・ホーン Lena Horne。『ジェリーズ・ラスト・ジャム JELLY'S LAST JAM』でカリスマ的なスター性を改めて見せつけたグレゴリー・ハインズ Gregory Hines。その弟モーリス・ハインズ Maurice Hines。『ブリング・イン・ダ・ノイズ、ブリング・イン・ダ・ファンク BRING IN 'DA NOISE, BRING IN 'DA FUNK』の大成功でグレゴリー・ハインズを凌ぐスーパースターになりそうな勢いのサヴィオン・グローヴァー Savion Glover。ブロードウェイではハインズと肩を並べるスター、ベン・ヴェリーン Ben Vereen。日本での公演も何度か行なっているタップ界の重鎮ジミー・スライド Jimmy Slyde。ピアノ弾き語りで知られるボビー・ショート Bobby Short。などなどに加えて、この日公演が休みの『ブリング・イン・ダ・ノイズ、ブリング・イン・ダ・ファンク』のメンバーも出演するみたいで、もう大変。
 ちなみに値段は、$60〜$25 とリーズナブル。
 予約電話は (212)247-7800 です。

 あー、行くのこの時期にすればよかった。
 ときどきこのサイトに名前の登場する友人・矢崎がチケットが手に入れば観る予定なので、その時は報告してもらいましょう。

(3/24/1998)

Copyright ©1998 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next


[HOME]