16-17年トニー賞発表と感想

 トニー賞が発表になりました。予想の当否と言い訳をお楽しみください(予想の詳しい根拠はこちらです)。
 過去 19シーズンの予想結果はこちら→97-98年98-99年99-00年00-01年01-02年02-03年03-04年04-05年05-06年06-07年07-08年08-09年09-10年10-11年11-12年12-13年13-14年14-15年15-16年

 毎度の前置きですが、トニー賞は興行成績に直接影響が出るのでプロダクション側にとっては重要だけれども、選考には政治的判断による偏りもあるので、観客である我々にとっては“話のタネ”に過ぎません。必ずしも作品選びの基準にはならないことも、心に留めておいてください。
 各作品の簡単な感想は下のタイトルにリンクを貼ってあります。未アップの分も、追って(無料配信音楽誌『ERIS』19号の連載「ブロードウェイまで12時間と45分」には、主に音楽面からですが、それらについて書いてあります。よろしかったら、ご覧ください)。

 受賞作品・受賞者は赤字が本命予想、が対抗予想です。

 作品別受賞数は次の通り。矢印の左の数字がノミネーション数、矢印の右が受賞数(▲はリヴァイヴァル)。

 このシーズンに登場してノミネーションに名前の挙がらなかった作品は、プレヴュー開始順に、『CATS』『A BRONX TALE』『IN TRANSIT』『SUNSET BOULEVARD』『SUNDAY IN THE PARK WITH GEORGE』『AMELIE』『CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY』の7本。
 なお、今シーズンも音響デザイン賞はありません。


  • 作品賞
     『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
     『DEAR EVAN HANSEN』
     『COME FROM AWAY』
     『GROUNDHOG DAY』
  • リヴァイヴァル作品賞
     『HELLO, DOLLY!』
     『FALSETTOS』
     『MISS SAIGON』
  • 主演女優賞
     Denée Benton 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
     Christine Ebersole 『WAR PAINT』
     Patti LuPone 『WAR PAINT』
     Bette Midler 『HELLO, DOLLY!』
     Eva Noblezada 『MISS SAIGON』
  • 主演男優賞
     Christian Borle 『FALSETTOS』
     Josh Groban 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
     David Hyde Pierce 『HELLO, DOLLY!』
     Andy Karl 『GROUNDHOG DAY』
     Ben Platt 『DEAR EVAN HANSEN』
  • 助演女優賞
     Kate Baldwin 『HELLO, DOLLY!』
     Rachel Bay Jones 『DEAR EVAN HANSEN』
     Stephanie J. Block 『FALSETTOS』
     Jenn Colella 『COME FROM AWAY』
     Mary Beth Peil 『ANASTASIA』
  • 助演男優賞
     Gavin Creel 『HELLO, DOLLY!』
     Mike Faist 『DEAR EVAN HANSEN』
     Andrew Rannells 『FALSETTOS』
     Lucas Steele 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
     Brandon Uranowitz 『FALSETTOS』
  • 楽曲賞
     David Hein and Irene Sankoff(Music and Lyrics) 『COME FROM AWAY』
     Benj Pasek and Justin Paul(Music and Lyrics) 『DEAR EVAN HANSEN』
     Tim Minchin(Music and Lyrics) 『GROUNDHOG DAY』
     Dave Malloy(Music and Lyrics) 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
  • 脚本賞
     David Hein and Irene Sankoff 『COME FROM AWAY』
     Steven Levenson 『DEAR EVAN HANSEN』
     Danny Rubin 『GROUNDHOG DAY』
     Dave Malloy 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
  • 演出賞
     Christopher Ashley 『COME FROM AWAY』
     Rachel Chavkin 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
     Michael Greif 『DEAR EVAN HANSEN』
     Matthew Warchus 『GROUNDHOG DAY』
     Jerry Zaks 『HELLO, DOLLY!』
  • 振付賞
     Andy Blankenbuehler 『BANDSTAND』
     Peter Darling and Ellen Kane 『GROUNDHOG DAY』
     Kelly Devine 『COME FROM AWAY』
     Denis Jones 『HOLIDAY INN』
     Sam Pinkleton 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
  • 編曲賞
     Bill Elliott and Greg Anthony Rassen 『BANDSTAND』
     Larry Hochman 『HELLO, DOLLY!』
     Alex Lacamoire 『DEAR EVAN HANSEN』
     Dave Malloy 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
  • 装置デザイン賞
     Rob Howell 『GROUNDHOG DAY』
     David Korins 『WAR PAINT』
     Mimi Lien 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
     Santo Loquasto 『HELLO, DOLLY!』
  • 衣装デザイン賞
     Linda Cho 『ANASTASIA』
     Santo Loquasto 『HELLO, DOLLY!』
     Paloma Young 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
     Catherine Zuber 『WAR PAINT』
  • 照明デザイン賞
     Howell Binkley, 『COME FROM AWAY』
     Natasha Katz 『HELLO, DOLLY!』
     Bradley King 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
     Japhy Weideman 『DEAR EVAN HANSEN』

 終わってみれば『ディア・エヴァン・ハンセン DEAR EVAN HANSEN』が最多。次いでリヴァイヴァルの『ハロー、ドリー! HELLO, DOLLY!』。ドリー!は獲り過ぎな気もするが(助演男優賞、衣装デザイン賞)、ま、全体に順当な、違和感のない受賞でした。
 ことに、演出賞を『カム・フロム・アウェイ COME FROM AWAY』が、振付賞を『バンドスタンド BANDSTAND』が、ここでしか獲れないって部門で獲ったのはよかった。この受賞が、命を延ばすのに貢献することでしょう。

 予想の結果は、本命予想で10、対抗予想で3の的中ですが、当たった対抗予想の内、ドリー!関係の2つは本命予想に重ねての(つまり1点に絞っての)予想だったので、結局11勝3敗。
 まずまず、ですかね。

 それにしても、『アメリ AMERIE』をもう一度観たかったなあ。何か1つでも候補になっていればトニー賞前に終わることもなかったのに……と、5月末のニューヨークでしみじみ思いました。

 ではまた来年。

(6/12/2017)


Copyright ©2017 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro

previous


[HOME]