15-16年トニー賞発表と感想

 トニー賞が発表になりました。予想の当否と言い訳をお楽しみください(予想の詳しい根拠はこちらです)。
 過去 18シーズンの予想結果はこちら→97-98年98-99年99-00年00-01年01-02年02-03年03-04年04-05年05-06年06-07年07-08年08-09年09-10年10-11年11-12年12-13年13-14年14-15年

 毎度の前置きですが、トニー賞は興行成績に直接影響が出るのでプロダクション側にとっては重要だけれども、選考には政治的判断による偏りもあるので、観客である我々にとっては“話のタネ”に過ぎません。必ずしも作品選びの基準にはならないことも、心に留めておいてください。
 各作品の簡単な感想は下のタイトルにリンクを貼ってあります。未アップの分(3月から4月にかけて観た分)も、追って近々。

 受賞作品・受賞者は赤字が審査員の投票予想、が僕の投票です。

 作品別受賞数は次の通り。矢印の左の数字がノミネーション数、矢印の右が受賞数(▲はリヴァイヴァル)。

 このシーズンに登場してノミネーションに名前の挙がらなかった作品は、『AMAZING GRACE』『ALLEGIANCE』の2本。
 なお、昨シーズンに引き続き音響デザイン賞はありません。


  • 作品賞
     『BRIGHT STAR』
     『HAMILTON』
     『SCHOOL OF ROCK The Musical』
     『SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』
     『WAITRESS』
  • リヴァイヴァル作品賞
     『THE COLOR PURPLE』
     『FIDDLER ON THE ROOF』
     『SHE LOVES ME』
     『SPRING AWAKENING』
  • 主演女優賞
     Laura Benanti 『SHE LOVES ME』
     Carmen Cusack 『BRIGHT STAR』
     Cynthia Erivo 『THE COLOR PURPLE』
     Jessie Mueller 『WAITRESS』
     Phillipa Soo 『HAMILTON』
  • 主演男優賞
     Alex Brightman 『SCHOOL OF ROCK The Musical』
     Danny Burstein 『FIDDLER ON THE ROOF』
     Zachary Levi 『SHE LOVES ME』
     Lin-Manuel Miranda 『HAMILTON』
     Leslie Odom, Jr. 『HAMILTON』
  • 助演女優賞
     Danielle Brooks 『THE COLOR PURPLE』
     Renée Elise Goldsberry 『HAMILTON』
     Jane Krakowski 『SHE LOVES ME』
     Jennifer Simard 『DISASTER!』
     Adrienne Warren 『SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』
  • 助演男優賞
     Daveed Diggs 『HAMILTON』
     Brandon Victor Dixon 『SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』
     Christopher Fitzgerald 『WAITRESS』
     Jonathan Groff 『HAMILTON』
     Christopher Jackson 『HAMILTON』
  • 楽曲賞
     Steve Martin and Edie Brickell(Music), Edie Brickell(Lyrics) 『BRIGHT STAR』
     Lin-Manuel Miranda(Music and Lyrics) 『HAMILTON』
     Andrew Lloyd Webber(Music), Glenn Slater(Lyrics) 『SCHOOL OF ROCK The Musical』
     Sara Bareilles(Music and Lyrics) 『WAITRESS』
  • 脚本賞
     Steve Martin 『BRIGHT STAR』
     Lin-Manuel Miranda 『HAMILTON』
     Julian Fellowes 『SCHOOL OF ROCK The Musical』
     George C. Wolfe 『SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』
  • 演出賞
     Michael Arden 『SPRING AWAKENING』
     John Doyle 『THE COLOR PURPLE』
     Scott Ellis 『SHE LOVES ME』
     Thomas Kail 『HAMILTON』
     George C. Wolfe 『SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』
  • 振付賞
     Andy Blankenbuehler 『HAMILTON』
     Savion Glover 『SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』
     Hofesh Shechter 『FIDDLER ON THE ROOF』
     Randy Skinner 『DAMES AT SEA』
     Sergio Trujillo 『ON YOUR FEET!』
  • 編曲賞
     August Eriksmoen 『BRIGHT STAR』
     Larry Hochman 『SHE LOVES ME』
     Alex Lacamoire 『HAMILTON』
     Daryl Waters 『SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』
  • 装置デザイン賞
     Es Devlin & Finn Ross 『AMERICAN PSYCHO』
     David Korins 『HAMILTON』
     Santo Loquasto 『SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』
     David Rockwell 『SHE LOVES ME』
  • 衣装デザイン賞
     Gregg Barnes 『TUCK EVERLASTING』
     Jeff Mahshie 『SHE LOVES ME』
     Ann Roth 『SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』
     Paul Tazewell 『HAMILTON』
  • 照明デザイン賞
     Howell Binkley 『HAMILTON』
     More InfoJules Fisher & Peggy Eisenhauer 『SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』
     Ben Stanton 『SPRING AWAKENING』
     Justin Townsend 『AMERICAN PSYCHO』

 予想通り『ハミルトン HAMILTON』がほぼ独占。うれしいような、つまらないような(笑)。
 予想の結果は、審査員の投票予想で11、僕の投票で1の的中。
 12勝2敗という数字は、このコーナーとしては普通の当たり方。……って自慢ですが(笑)、ホントなら、で11という内実の方を、もっと自慢していい。でも、そうも言ってられないのは、範疇が違うので候補にならないリヴァイヴァル作品賞、及び、別作品で確信のあった主演女優賞以外の12部門で、無条件に『ハミルトン』を打った結果だから。
 しかも、その12部門中11部門で『ハミルトン』が受賞にもかかわらず、無条件で打った僕の予想は9部門しか当たらず、2部門は完全に(でも)ハズしている。こんなに予想の簡単な年に2つもハズすなんて!……と名人ぶってみる(笑)。

 そのハズした2部門てのが、主演男優賞装置デザイン賞
 まあ、主演男優賞の、『ハミルトン』(リン=マニュエル・ミランダ)から『ハミルトン』(レズリー・オドム・ジュニア)へのスライド(?)てのは、わからなくはない。わからないのは、『シー・ラヴズ・ミー SHE LOVES ME』装置デザイン賞予想でも書いたが、同じ演出家による93年版と、ほとんど変わらない印象で、その要因としては装置がよく似ていることも大きい。その93年版の装置デザイン担当トニー・ウォルトン Tony Walton は93-94年シーズンのトニー賞で同部門の候補になって受賞しなかった。にもかかわらずの今年の受賞。イマイチ解せない。
 が、この手のことを言い出すときりがない。むしろ、『ハミルトン』に打たなかった、前述のリヴァイヴァル作品賞主演女優賞で当たったことを素直に喜ぼう。どちらも『カラー・パープル THE COLOR PURPLE』だったけど。

 そう、こうなると気になるのが、受賞しなかった作品の今後。ことに、『ブライト・スター BRIGHT STAR』『ウェイトレス WAITRESS』『シャッフル・アロング、あるいは、1921年のミュージカル・センセーションが出来るまでと、その後の全て SHUFFLE ALONG, OR, THE MAKING OF THE MUSICAL SENSATION OF 1921 AND ALL THAT FOLLOWED』は、どれも魅力的な作品だけに、出来るだけ長く続くことを祈らずにいられない。
 これからブロードウェイにいらっしゃる方、まずはこれらの作品からご覧になることをオススメします。

(6/14/2015)


Copyright ©2016 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro

previous/next


[HOME]