05-06年トニー賞発表と感想

 トニー賞が発表になりました。予想の当否と言い訳をお楽しみください(予想の詳しい根拠はこちら)。
 過去 8シーズンの予想結果はこちら→97-98年98-99年99-00年00-01年01-02年02-03年03-04年04-05年

 毎度の前置きですが、トニー賞は興行成績に直接影響が出るのでプロダクション側にとっては重要だけれども、選考には政治的判断による偏りもあるので、観客である我々にとっては“話のタネ”に過ぎません。必ずしも作品選びの基準にはならないことも、心に留めておいてください。
 むしろ、このサイトにおいては、予想と受賞とを見比べながら、それぞれの作品の観劇記を読んでいただくのが、正しい楽しみ方となっておりますが、観劇記がなかなかアップされない今日この頃。アップされるまでの間は、ここここここここで、簡単な印象批評を読んどいてください。

 受賞作品・受賞者は赤字が受賞予想、が僕の投票です。

 作品別受賞数は次の通り。左の数字がノミネーション数、右が受賞数(▲はリヴァイヴァル)。

 なお、ノミネーションされなかったのは、『LENNON』, 『IN MY LIFE』, 『RING OF FIRE』, 『HOT FEET』の 4本。


  • 作品賞
     『THE COLOR PURPLE』
     『THE DROWSY CHAPERONE』
     『JERSEY BOYS』
     『THE WEDDING SINGER』
  • リヴァイヴァル作品賞
     『THE PAJAMA GAME』
     『SWEENEY TODD』
     『THE THREEPENNY OPERA』
  • 主演女優賞
     Sutton Foster 『THE DROWSY CHAPERONE』
     La Chanze 『THE COLOR PURPLE』
     Patti LuPone 『SWEENEY TODD』
     Kelli O'Hara 『THE PAJAMA GAME』
     Chita Rivera 『Chita Rivera/THE DANCERS' LIFE』
  • 主演男優賞
     Michael Cerveris 『SWEENEY TODD』
     Harry Connick, Jr. 『THE PAJAMA GAME』
     Stephen Lynch 『THE WEDDING SINGER』
     Bob Martin 『THE DROWSY CHAPERONE』
     John Lloyd Young 『JERSEY BOYS』
  • 助演女優賞
     Carolee Carmello 『LESTAT』
     Felicia P. Fields 『THE COLOR PURPLE』
     Megan Lawrence 『THE PAJAMA GAME』
     Beth Leavel 『THE DROWSY CHAPERONE』
     Elisabeth Withers-Mendes 『THE COLOR PURPLE』
  • 助演男優賞
     Danny Burstein 『THE DROWSY CHAPERONE』
     Jim Dale 『THE THREEPENNY OPERA』
     Brandon Victor Dixon 『THE COLOR PURPLE』
     Manoel Felciano 『SWEENEY TODD』
     Christian Hoff 『JERSEY BOYS』
  • 演出賞
     John Doyle 『SWEENEY TODD』
     Kathleen Marshall 『THE PAJAMA GAME』
     Des McAnuff 『JERSEY BOYS』
     Casey Nicholaw 『THE DROWSY CHAPERONE』
  • 振付賞
     Rob Ashford 『THE WEDDING SINGER』
     Donald Byrd 『THE COLOR PURPLE』
     Kathleen Marshall 『THE PAJAMA GAME』
     Casey Nicholaw 『THE DROWSY CHAPERONE』
  • 楽曲賞
     Brenda Russell, Allee Willis and Stephen Bray 『THE COLOR PURPLE』
     Lisa Lambert and Greg Morrison 『THE DROWSY CHAPERONE』
     Matthew Sklar(Music), Chad Beguelin(Lyrics) 『THE WEDDING SINGER』
     Andrew Lloyd Webber(Music), David Zippel(Lyrics) 『THE WOMAN IN WHITE』
  • 脚本賞
     Chad Beguelin and Tim Herlihy 『THE WEDDING SINGER』
     Marshall Brickman and Rick Elice 『JERSEY BOYS』
     Bob Martin and Don McKellar 『THE DROWSY CHAPERONE』
     Marsha Norman 『THE COLOR PURPLE』
  • 編曲賞
     Larry Blank 『THE DROWSY CHAPERONE』
     Dick Lieb and Danny Troob 『THE PAJAMA GAME』
     Steve Orich 『JERSEY BOYS』
     Sarah Travis 『SWEENEY TODD』
  • ミュージカル装置デザイン賞
     John Lee Beatty 『THE COLOR PURPLE』
     David Gallo 『THE DROWSY CHAPERONE』
     Derek McLane 『THE PAJAMA GAME』
     Klara Zieglerova 『JERSEY BOYS』
  • ミュージカル衣装デザイン賞
     Gregg Barnes 『THE DROWSY CHAPERONE』
     Susan Hilferty 『LESTAT』
     Martin Pakledinaz 『THE PAJAMA GAME』
     Paul Tazewell 『THE COLOR PURPLE』
  • ミュージカル照明デザイン賞
     Ken Billington and Brian Monahan 『THE DROWSY CHAPERONE』
     Howell Binkley 『JERSEY BOYS』
     Natasha Katz 『TARZAN』
     Brian MacDevitt 『THE COLOR PURPLE』

 受賞予想で 6、僕の投票で 4、内ダブり 1で、 9勝 5敗。
 当たる当たらない以前に、なんだかなあ、な結果です。まあ、昨シーズンと違って、そもそも納得のいく作品がなかったのだから、しかたないのですが。

 とにかく、楽曲がオリジナルでない(つまり“ジュークボックス・ミュージカル”の)『ジャージー・ボーイズ』に作品賞が行ったことが驚き。まあ、他の作品もどんぐりの背比べなことは予想で書いた通りですが、それでも審査員は、楽曲のオリジナル性にだけはこだわるのではないかと思ってました。ブロードウェイも来るところまで来た、という感じです。
 業界的にはいろんな思惑が渦巻いているのでしょうが、たとえお祭りとはいえ、なんらかの筋は通さないと、マズいんじゃないですかねえ。ついでに言えば、トニー賞に対するある種の批評たるべきドラマデスク賞もすっかりトニー賞の亜流になって存在意義を失っているし。かなりヤバい。
 ラ・シャンズの主演女優賞だけが救いだったような、今年のトニー賞でありました。

 では、また来年。

(6/12/2006)

Copyright ©2006 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro

previous/next


[HOME]