03-04年トニー賞発表と感想

 トニー賞が発表になりました。例によって、予想の当否と言い訳をお楽しみください(予想の詳しい根拠はこちら)。
 過去 5シーズンの予想結果はこちら→97-98年98-99年99-00年00-01年01-02年02-03年

 毎度の前置きですが、トニー賞は興行成績に直接影響が出るのでプロダクション側にとっては重要だけれども、選考には政治的判断による偏りもあるので、観客である我々にとっては“話のタネ”に過ぎません。必ずしも作品選びの基準にはならないことも、心に留めておいてください。
 むしろ、このサイトにおいては、予想と受賞と見比べながら、それぞれの作品の観劇記を読んでいただくのが、正しい楽しみ方となっております。

 受賞作品・受賞者は赤字が受賞予想、が僕の投票です。

 作品別受賞数は次の通り。左の数字がノミネーション数、右が受賞数(▲はリヴァイヴァル。の観劇記は未アップ)。積み残しの観劇記も(主だったところは)近日中にアップの予定です。


  • 作品賞
     『AVENUE Q』
     『CAROLINE, OR CHANGE』
     『THE BOY FROM OZ』
     『WICKED』
  • リヴァイヴァル作品賞
     『ASSASSINS』
     『BIG RIVER』
     『FIDDLER ON THE ROOF』
     『WONDERFUL TOWN』
  • 主演女優賞
     Kristin Chenoweth 『WICKED』
     Stephanie D'Abruzzo 『AVENUE Q』
     Idina Menzel 『WICKED』
     Donna Murphy 『WONDERFUL TOWN』
     Tonya Pinkins 『CAROLINE, OR CHANGE』
  • 主演男優賞
     Hunter Foster 『LITTLE SHOP OF HORRORS』
     Hugh Jackman 『THE BOY FROM OZ』
     Alfred Molina 『FIDDLER ON THE ROOF』
     Euan Morton 『TABOO』
     John Tartaglia 『AVENUE Q』
  • 助演女優賞
     Beth Fowler 『THE BOY FROM OZ』
     Isabel Keating 『THE BOY FROM OZ』
     Anika Noni Rose 『CAROLINE, OR CHANGE』
     Jennifer Westfeldt 『WONDERFUL TOWN』
     Karen Ziemba 『NEVER GONNA DANCE』
  • 助演男優賞
     John Cariani 『FIDDLER ON THE ROOF』
     Michael Cerveris 『ASSASSINS』
     Raul Esparza 『TABOO』
     Michael McElroy 『BIG RIVER』
     Denis O'Hare 『ASSASSINS』
  • 演出賞
     Joe Mantello 『ASSASSINS』
     Kathleen Marshall 『WONDERFUL TOWN』
     Jason Moore 『AVENUE Q』
     George C. Wolfe 『CAROLINE, OR CHANGE』
  • 振付賞
     Wayne Cilento 『WICKED』
     Kathleen Marshall 『WONDERFUL TOWN』
     Jerry Mitchell 『NEVER GONNA DANCE』
     Anthony Van Laast and Farah Khan 『BOMBAY DREAMS』
  • 楽曲賞
     Boy George 『TABOO』
     Robert Lopez and Jeff Marx 『AVENUE Q』
     Stephen Schwartz 『WICKED』
     Jeanine Tesori and Tony Kushner 『CAROLINE, OR CHANGE』
  • 脚本賞
     Winnie Holzman 『WICKED』
     Tony Kushner 『CAROLINE, OR CHANGE』
     Martin Sherman; Nick Enright(original book) 『THE BOY FROM OZ』
     Jeff Whitty 『AVENUE Q』
  • 編曲賞
     Paul Bogaev 『BOMBAY DREAMS』
     William David Brohn 『WICKED』
     Michael Starobin 『ASSASSINS』
     Larry Hochman 『FIDDLER ON THE ROOF』
  • 装置デザイン賞
     Robert Brill 『ASSASSINS』
     Ralph Funicello 『HENRY IV』(play)
     Eugene Lee 『WICKED』
     Tom Pye 『FIDDLER ON THE ROOF』
  • 衣装デザイン賞
     Jess Goldstein 『HENRY IV』(play)
     Susan Hilferty 『WICKED』
     Mike Nicholls and Bobby Pearce 『TABOO』
     Mark Thompson 『BOMBAY DREAMS』
  • 照明デザイン賞
     Jules Fisher and Peggy Eisenhauer 『ASSASSINS』
     Brian MacDevitt 『FIDDLER ON THE ROOF』
     Brian MacDevitt 『HENRY IV』(play)
     Kenneth Posner 『WICKED』

 受賞予想で 7、僕の投票で 5、内ダブりが 1(と言うか 1つだけダブって印をつけた候補が獲った)。よって、 11勝 3敗。

 『アヴェニューQ』がきちんと評価されて、よかった。案の定、役者は評価されませんでしたが(笑)。
 あと、ニューヨーク演劇界はホントにソンダイム Stephen Sondheim が好きですね。リヴァイヴァル作品賞、獲りました。意欲作ではありますが必ずしも成功作ではないこの作品の受賞、リヴァイヴァルのカテゴリーに入って楽曲賞で選ばれなくなったことに対するフォローの気持ちが強い、と僕は見ます。もちろん、一見の価値は充分にある作品ですが。
 それにしても、主演女優賞には驚いた。今回、唯一の予想外。彼女の能力が劣るというのではなく、今回の役での受賞はちょっと違うんじゃないか、ということですが。

 ま、ともあれ、観劇の際には、むやみに賞に惑わされることなく、自分の予感を信じて作品を選びましょう。『ワンダフル・タウン』、終わっちゃう前にご覧になることをオススメします(笑)。
 では、また来年。

(6/7/2004)

Copyright ©2004 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro

previous/next


[HOME]