03-04年トニー賞予想

 恒例。現地時間 5月 10日の朝に発表されたトニー賞ノミネーションに基いての、ミュージカル関連の受賞予想と僕の投票です。
 過去 6シーズンの予想結果はこちら→97-98年98-99年99-00年00-01年01-02年02-03年

 しょせんは“よその国”のことですし、僕もことさら“海外ミュージカル・ファン”というわけではありませんので、このトニー賞受賞予想は、根本的には気まぐれでお気楽な遊びにすぎません。それを何年も続けている理由は、ついでに僕の観劇記を読んでいただこうという、虫のいい策略です(笑)。予想が当たるかどうかで興味を惹きながら、予想の根拠になる観劇記を読ませようというわけです。
 そのわりには観劇記がアップされてないじゃないか、というご指摘は、ごもっとも(笑)。授賞式までに、出来る限りのアップをするつもりですので、どうか広い心で見守ってやってください。

 さて、以下は毎年の決まり文句。
 トニー賞は興行成績に直接影響が出るのでプロダクション側にとっては重要だけれども、選考には政治的判断による偏りもあるので、観客である我々にとっては“話のタネ”に過ぎません。必ずしも観劇作品選びの基準にはならないことも、心に留めておいてください。

 審査員の投票予想に、僕の投票にを付けました。例年通り、タイトル、人名は原語表記です。

 作品別ノミネーション数は次の通り(▲はリヴァイヴァル。の観劇記は未アップ)。


  • 作品賞
     『AVENUE Q』
     『CAROLINE, OR CHANGE』
     『THE BOY FROM OZ』
     『WICKED』
  • リヴァイヴァル作品賞
     『ASSASSINS』
     『BIG RIVER』
     『FIDDLER ON THE ROOF』
     『WONDERFUL TOWN』
  • 主演女優賞
     Kristin Chenoweth 『WICKED』
     Stephanie D'Abruzzo 『AVENUE Q』
     Idina Menzel 『WICKED』
     Donna Murphy 『WONDERFUL TOWN』
     Tonya Pinkins 『CAROLINE, OR CHANGE』
  • 主演男優賞
     Hunter Foster 『LITTLE SHOP OF HORRORS』
     Hugh Jackman 『THE BOY FROM OZ』
     Alfred Molina 『FIDDLER ON THE ROOF』
     Euan Morton 『TABOO』
     John Tartaglia 『AVENUE Q』
  • 助演女優賞
     Beth Fowler 『THE BOY FROM OZ』
     Isabel Keating 『THE BOY FROM OZ』
     Anika Noni Rose 『CAROLINE, OR CHANGE』
     Jennifer Westfeldt 『WONDERFUL TOWN』
     Karen Ziemba 『NEVER GONNA DANCE』
  • 助演男優賞
     John Cariani 『FIDDLER ON THE ROOF』
     Michael Cerveris 『ASSASSINS』
     Raul Esparza 『TABOO』
     Michael McElroy 『BIG RIVER』
     Denis O'Hare 『ASSASSINS』
  • 演出賞
     Joe Mantello 『ASSASSINS』
     Kathleen Marshall 『WONDERFUL TOWN』
     Jason Moore 『AVENUE Q』
     George C. Wolfe 『CAROLINE, OR CHANGE』
  • 振付賞
     Wayne Cilento 『WICKED』
     Kathleen Marshall 『WONDERFUL TOWN』
     Jerry Mitchell 『NEVER GONNA DANCE』
     Anthony Van Laast and Farah Khan 『BOMBAY DREAMS』
  • 楽曲賞
     Boy George 『TABOO』
     Robert Lopez and Jeff Marx 『AVENUE Q』
     Stephen Schwartz 『WICKED』
     Jeanine Tesori and Tony Kushner 『CAROLINE, OR CHANGE』
  • 脚本賞
     Winnie Holzman 『WICKED』
     Tony Kushner 『CAROLINE, OR CHANGE』
     Martin Sherman; Nick Enright(original book) 『THE BOY FROM OZ』
     Jeff Whitty 『AVENUE Q』
  • 編曲賞
     Paul Bogaev 『BOMBAY DREAMS』
     William David Brohn 『WICKED』
     Michael Starobin 『ASSASSINS』
     Larry Hochman 『FIDDLER ON THE ROOF』
  • 装置デザイン賞
     Robert Brill 『ASSASSINS』
     Ralph Funicello 『HENRY IV』(play)
     Eugene Lee 『WICKED』
     Tom Pye 『FIDDLER ON THE ROOF』
  • 衣装デザイン賞
     Jess Goldstein 『HENRY IV』(play)
     Susan Hilferty 『WICKED』
     Mike Nicholls and Bobby Pearce 『TABOO』
     Mark Thompson 『BOMBAY DREAMS』
  • 照明デザイン賞
     Jules Fisher and Peggy Eisenhauer 『ASSASSINS』
     Brian MacDevitt 『FIDDLER ON THE ROOF』
     Brian MacDevitt 『HENRY IV』(play)
     Kenneth Posner 『WICKED』

 作品賞『ボーイ・フロム・オズ』以外の 3作の争い。
 今シーズンのブロードウェイ登場作の特徴は、オフからの移行作が多いこと。『アヴェニューQ』『キャロライン、あるいはチェンジ』はオフでの評判を背景に間を置かずに移行したし、リヴァイヴァルも、『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』『アサシンズ』は、初演の時期こそかなりズレるが、共に元はオフ上演作品だ。
 さらに言えば、オーストラリアからやって来た『ボーイ・フロム・オズ』やロンドンからの『タブー』も元々が大きな舞台作品ではないようだし、ブロードウェイ作品のリヴァイヴァルである『ビッグ・リヴァー』も、今回の舞台はコンパクトにまとまっていた。
 つまり、今シーズンのブロードウェイ・ミュージカルは、質はともあれ、規模としては、こぢんまりした印象の作品が多かったのだ。
 そんな中で、作品賞有力候補 3作の内、唯一オフからの移行作でない『ウィキッド』が、ブロードウェイらしい華やかさを理由に受賞する可能性は高い。
 僕は深いのに軽い『アヴェニューQ』に 1票を投じるが、けっして『キャロライン、あるいはチェンジ』が劣っているわけではない。

 リヴァイヴァル作品賞は、『アサシンズ』がリヴァイヴァル扱いにならなければ、『ワンダフル・タウン』で決まりだっただろう。しかし、そうなると、『ボーイ・フロム・オズ』の代わりに『アサシンズ』が作品賞候補に入って、そちらの混戦ぶりに拍車がかかるだけだから、ま、これはこれでよし、か。
 僕はチャーミングな『ワンダフル・タウン』に 1票。スティーヴン・ソンダイム Stephen Sondheim に対するニューヨーク演劇界での評価を考えて(リヴァイヴァル扱いだから楽曲賞候補にならないことも加味して)、『アサシンズ』を審査員のお気に入りと予想。

 『キャロライン、あるいはチェンジ』のトンヤ・ピンキンズが加わって、クリスティン・チェナウェスとドナ・マーフィの一騎打ちだった主演女優賞は、今シーズン一番の激戦区に。なにしろ、 3人のトニー賞女優が、それぞれ作品の屋台骨を支える素晴らしい演技を見せているわけだから。
 とは言っても、やはり華やかな役柄のチェナウェスとマーフィの争いになるのではないか。新作の強みでチェナウェスに行く可能性が高いと読んで、ならば僕の 1票はマーフィに(もちろん読みが逆だと僕の投票も逆になる)。

 一転して主演男優賞は迫力不足。となると、技量不足ではあっても、とにもかくにも B級作品を一応の成功に導いたヒュー・ジャックマンの熱演が評価される可能性もありか。
 僕は、変則の演技なので評価されにくいかもしれないが、今シーズン一番の主演男優は『アヴェニューQ』のこの人以外にはいないと考える。

 男女共に助演賞にはノミネートされないあたりに、『アヴェニューQ』の役者に対する評価が見えるような気がする。
 助演女優賞は、この 5人の中でなら、若手 2人か。僕の 1票は、より難しいだろうと思われるボケ役アイリーンを演じた、この人に。審査員票は、『ボーイ・フロム・オズ』の母親役に行く可能性もある。カレン・ジエンバは残念ながら役不足だった。
 助演男優賞は、演技合戦舞台『アサシンズ』から 3人ぐらい候補に挙がる気がしていたが、さすがに 2人止まり。この 2人なら、僕はオヘアの 2年連続受賞に 1票。審査員票は、案外、『屋根の上のヴァイオリン弾き』で大いに笑いをとっていた仕立て屋役に落ち着いたりするかも。

 演出は主演女優以上に決めがたい。気分としては全員受賞。
 とりあえず、最もユニークな『アヴェニューQ』と最もオーソドックスな『ワンダフル・タウン』とに振り分けたが、果たして……。

 振付は、楽しい『ワンダフル・タウン』とシャープな『ウィキッド』の争い。『ネヴァ・ゴナ・ダンス』のダンス・シーンも捨てがたいが、いかんせん作品が弱すぎた。

 楽曲は、ユーモラスな佳曲の多い『アヴェニューQ』か、凝りに凝った『キャロライン、あるいはチェンジ』。実は『タブー』も、悪くはない。

 脚本は、やりすぎとも言える努力が票を集めて『ウィキッド』か。
 もちろん、傑作と呼べるのは『アヴェニューQ』

 編曲
 僕は、アメリカ音楽の深さを踏まえつつ、作品の時制にも沿って微妙なニュアンスの変化を奏でてみせた『アサシンズ』に 1票。審査員は、『ウィキッド』(あるいは『ボンベイ・ドリームズ』)の見かけの新しさにダマされるかも。

 装置衣装照明『ヘンリー四世』に行ったらゴメンナサイ。
 僕の観た限りでは、とりあえず、装置衣装『ウィキッド』で固い。

 トニー賞の発表は現地時間の 6月 6日(日)夜。 NHK BS-2で生中継があるようです。

(5/12/2004)


 トニー賞の結果はこちら

Copyright ©2004 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro

previous/next


[HOME]