00-01年トニー賞発表と感想

 トニー賞が発表になりました。例によって、予想の当否と言い訳をお楽しみください(予想の詳しい根拠はこちら。過去 3シーズンの予想結果はこちら→97-98年98-99年99-00年)。

 毎年しつこく言ってますが、トニー賞は興行成績に直接影響が出るのでプロダクション側にとっては重要だけれども、選考には政治的判断による偏りもあるので、観客である我々には“話のタネ”に過ぎません。
 実際、僕がこうしてトニー賞の予想をやっているのは、ここから逆に観劇記を読んでいただきたいという野望(笑)があるからです。もっと言えば、各作品の批評を書かないでトニー賞の予想を公にするなんてのは愚の骨頂。何の意味もありません。そんなわけで、積み残し分の観劇記もがんばりますのでよろしく(笑)。
 受賞作品・受賞者は赤字が受賞予想、が僕の投票です。

 なお、作品別受賞数は次の通り。左の数字がノミネーション数、右が受賞数(▲はリヴァイヴァル。の観劇記は未アップ)。


  • 作品賞
     『THE PRODUCERS』
     『THE FULL MONTY』
     『A CLASS ACT』
     『JANE EYRE』
  • リヴァイヴァル作品賞
     『42ND STREET』
     『FOLLIES』
     『BELLS ARE RINGING』
     『THE ROCKY HORROR SHOW』
  • 主演女優賞
     Randy Graff 『A CLASS ACT』
     Christine Ebersole 『42ND STREET』
     Faith Prince 『BELLS ARE RINGING』
     Marla Schaffel 『JANE EYRE』
     Blythe Danner 『FOLLIES』
  • 主演男優賞
     Nathan Lane 『THE PRODUCERS』
     Matthew Broderick 『THE PRODUCERS』
     Tom Hewitt 『THE ROCKY HORROR SHOW』
     Patrick Wilson 『THE FULL MONTY』
     Kevin Chamberlin 『SEUSSICAL』
  • 助演女優賞
     Cady Huffman 『THE PRODUCERS』
     Polly Bergen 『FOLLIES』
     Kate Levering 『42ND STREET』
     Mary Testa 『42ND STREET』
     Kathleen Freeman 『THE FULL MONTY』
  • 助演男優賞
     Gary Beach 『THE PRODUCERS』
     Roger Bart 『THE PRODUCERS』
     Andre De Shields 『THE FULL MONTY』
     John Ellison Conlee 『THE FULL MONTY』
     Brad Oscar 『THE PRODUCERS』
  • 演出賞
     Susan Stroman 『THE PRODUCERS』
     Jack O'Brien 『THE FULL MONTY』
     Christopher Ashley 『THE ROCKY HORROR SHOW』
     Mark Bramble 『42ND STREET』
  • 振付賞
     Jerry Mitchell 『THE FULL MONTY』
     Jim Moore, George Pinney and John Vanderkloff 『BLAST!』
     Randy Skinner 『42ND STREET』
     Susan Stroman 『THE PRODUCERS』
  • 楽曲賞
     Mel Brooks 『THE PRODUCERS』
     Ed Kleban 『A CLASS ACT』
     David Yazbek 『THE FULL MONTY』
     Paul Gordon and John Caird 『JANE EYRE』
  • 脚本賞
     Mel Brooks and Tom Meehan 『THE PRODUCERS』
     Terrence McNally 『THE FULL MONTY』
     John Caird 『JANE EYRE』
     Lonny Price and Linda Klein 『A CLASS ACT』
  • 編曲賞
     Doug Besterman 『THE PRODUCERS』
     Larry Hochman 『A CLASS ACT』
     Jonathan Tunick 『FOLLIES』
     Harold Wheeler 『THE FULL MONTY』
  • 装置デザイン賞
     Bob Crowley 『THE INVENTION OF LOVE』(play)
     Heidi Ettinger 『THE ADVENTURES OF TOM SAWYER』
     Douglas W. Schmidt 『42ND STREET』
     Robin Wagner 『THE PRODUCERS』
  • 衣装デザイン賞
     Theoni V. Aldredge 『FOLLIES』
     Roger Kirk 『42ND STREET』
     William Ivey Long 『THE PRODUCERS』
     David C. Woolard 『THE ROCKY HORROR SHOW』
  • 照明デザイン賞
     Jules Fisher & Peggy Eisenhauer 『JANE EYRE』
     Paul Gallo 『42ND STREET』
     Peter Kaczorowski 『THE PRODUCERS』
     Kenneth Posner 『THE ADVENTURES OF TOM SAWYER』

 いやあ、ここまで『プロデューサーズ』が欲張っちゃうとは! 驚きであると同時に、それでも文句のつけようがないところに、今シーズンの全般的な不調が表れてるってことだ。
 しかし、装置、衣装、照明も持っていっちゃうとはねえ。
 唯一の不満は、『プロデューサーズ』との争いがなかった主演女優がフェイス・プリンスに行かなかったこと。ホントにあのドロシー役の人でいいの?

 受賞予想で 8個当たり。今回は僕の投票をほとんど受賞予想と同じにしたので、結局 8勝 6敗のまたまた勝ち越し(笑)。冒険した割にはまあまあ、ってとこでしょうか。

(6/4/2001)

Copyright ©2001 Masahiro‘Misoppa ’Mizuguchi

previous/next


[HOME]