00-01年トニー賞予想

 トニー賞ノミネーション発表。例年通り、ミュージカル関連の受賞予想と僕の投票を書きます。
 過去 3シーズンの予想結果はこちら→97-98年98-99年99-00年

 今シーズンは全体に低調。昨年末の時点では、とりあえず『フル・モンティ』はあるものの今度のトニー賞はどうなるんだろうと心配したが、春になって『プロデューサーズ』が登場。なんとか形になった。
 成功、失敗はともあれ、毎年必ず 1、 2本はある野心的、冒険的な作品もないので(あえて言えば『クラス・アクト』か)、賞レースが、興行的にも群を抜いているオーソドックスな成功作『プロデューサーズ』を中心に動くことは、まず間違いない。逆に言うと、意外な受賞というのは少ない、という読み。なもんで、今回、多くの部門で、受賞予想と僕の投票とを一致させるという暴挙に出た(笑)。この 2つを振り分けておくと的中率が倍になるのだが……、まあ、面白くするためってことで(笑)。
 しかし、『ブラスト!』のノミネーションにはマイッた。すっかり油断して、この限定公演、観逃した。と言うより、あえて観ませんでした(笑)。

 さて、毎年言ってますが、トニー賞は興行成績に直接影響が出るのでプロダクション側にとっては重要だけれども、選考には政治的判断による偏りもあるので、観客である我々には“話のタネ”に過ぎません。大袈裟に考えず、無責任に楽しみましょう。
 受賞予想に、僕の投票にを付けました。

 作品別ノミネーション数は次の通り(▲はリヴァイヴァル。の観劇記は未アップ)。未見の『BLAST!』を除く全作品の観劇記をトニー賞発表までにアップの予定です。


  • 作品賞
     『THE PRODUCERS』
     『THE FULL MONTY』
     『A CLASS ACT』
     『JANE EYRE』
  • リヴァイヴァル作品賞
     『42ND STREET』
     『FOLLIES』
     『BELLS ARE RINGING』
     『THE ROCKY HORROR SHOW』
  • 主演女優賞
     Randy Graff 『A CLASS ACT』
     Christine Ebersole 『42ND STREET』
     Faith Prince 『BELLS ARE RINGING』
     Marla Schaffel 『JANE EYRE』
     Blythe Danner 『FOLLIES』
  • 主演男優賞
     Nathan Lane 『THE PRODUCERS』
     Matthew Broderick 『THE PRODUCERS』
     Tom Hewitt 『THE ROCKY HORROR SHOW』
     Patrick Wilson 『THE FULL MONTY』
     Kevin Chamberlin 『SEUSSICAL』
  • 助演女優賞
     Cady Huffman 『THE PRODUCERS』
     Polly Bergen 『FOLLIES』
     Kate Levering 『42ND STREET』
     Mary Testa 『42ND STREET』
     Kathleen Freeman 『THE FULL MONTY』
  • 助演男優賞
     Gary Beach 『THE PRODUCERS』
     Roger Bart 『THE PRODUCERS』
     Andre De Shields 『THE FULL MONTY』
     John Ellison Conlee 『THE FULL MONTY』
     Brad Oscar 『THE PRODUCERS』
  • 演出賞
     Susan Stroman 『THE PRODUCERS』
     Jack O'Brien 『THE FULL MONTY』
     Christopher Ashley 『THE ROCKY HORROR SHOW』
     Mark Bramble 『42ND STREET』
  • 振付賞
     Jerry Mitchell 『THE FULL MONTY』
     Jim Moore, George Pinney and John Vanderkloff 『BLAST!』
     Randy Skinner 『42ND STREET』
     Susan Stroman 『THE PRODUCERS』
  • 楽曲賞
     Mel Brooks 『THE PRODUCERS』
     Ed Kleban 『A CLASS ACT』
     David Yazbek 『THE FULL MONTY』
     Paul Gordon and John Caird 『JANE EYRE』
  • 脚本賞
     Mel Brooks and Tom Meehan 『THE PRODUCERS』
     Terrence McNally 『THE FULL MONTY』
     John Caird 『JANE EYRE』
     Lonny Price and Linda Klein 『A CLASS ACT』
  • 編曲賞
     Doug Besterman 『THE PRODUCERS』
     Larry Hochman 『A CLASS ACT』
     Jonathan Tunick 『FOLLIES』
     Harold Wheeler 『THE FULL MONTY』
  • 装置デザイン賞
     Bob Crowley 『THE INVENTION OF LOVE』(play)
     Heidi Ettinger 『THE ADVENTURES OF TOM SAWYER』
     Douglas W. Schmidt 『42ND STREET』
     Robin Wagner 『THE PRODUCERS』
  • 衣装デザイン賞
     Theoni V. Aldredge 『FOLLIES』
     Roger Kirk 『42ND STREET』
     William Ivey Long 『THE PRODUCERS』
     David C. Woolard 『THE ROCKY HORROR SHOW』
  • 照明デザイン賞
     Jules Fisher & Peggy Eisenhauer 『JANE EYRE』
     Paul Gallo 『42ND STREET』
     Peter Kaczorowski 『THE PRODUCERS』
     Kenneth Posner 『THE ADVENTURES OF TOM SAWYER』
 作品賞『プロデューサーズ』以外にあり得ない。対抗は『フル・モンティ』だが、かなり水があいている。個人的には『クラス・アクト』も推したいが、ここは素直に本命で行こう。

 リヴァイヴァル作品賞は、派手な宣伝の『フォーティセカンド・ストリート』が有力。芸術点で言えば『フォリーズ』という線もあるが、ややもったいぶりすぎか。
 僕の 1票は、心温まるこの作品に。もちろん、フェイス・プリンスの名演も加味して。

 主演女優賞主演男優賞は、それぞれ、フェイス・プリンス、ネイサン・レインの『ガイズ・アンド・ドールズ GUYS AND DOLLS』コンビで 1本勝負!
 プリンスに対抗馬がいるとすれば、ランディ・グラフ。……なのだが、今回は 1人で舞台を引っ張ったプリンスで決まり。レインはぶっちぎり。
 ところで、『スーシカル』はなぜこの人が主演なの?

 助演女優賞助演男優賞も 1本勝負で行ってしまうというのは、大胆すぎか(笑)。
 対抗は、女優が『プロデューサーズ』のお色気秘書キャディ・ハフマン、男優は『フル・モンティ』の意外性の男アンドレ・ド・シールズか。

 演出振付も、スーザン・ストロマンのダブル受賞で 1本勝負。って、ここまでやると、単に考えるのがめんどくさいのかという疑問も(笑)。
 でも、演出は 2年続けて外してるからなあ。ダークホースで『ロッキー・ホラー・ショウ』の可能性もありか。
 振付が『ブラスト!』に行ったら、ごめんなさいだ。

 楽曲『プロデューサーズ』に行かないとは言い切れないのだが、『フル・モンティ』に行くとすればここだし、オリジナリティという点から言えば実際のところこちらが上。僕は、ランディ・グラフの歌う「Next Best Thing To Love」に 1票。
 『ジェイン・エア』? まさか。

 脚本は、元に自作の映画があるとはいえ、かなり舞台的に書き直されて面白さが増している『プロデューサーズ』が獲るんじゃないか。『フル・モンティ』は映画よりよくなったとは言いがたい。僕は、今シーズン唯一と言っていい、 1から作り上げたオリジナル作品を推す。
 『ジェイン・エア』? 労作だけど、ね。

 編曲は、テーマ曲「Springtime For Hitler」を随所にちりばめて効果を高めた、という意味で『プロデューサーズ』。個人的には、『フル・モンティ』の現代感覚を支持。

 装置に関してだけは、『トム・ソーヤーの冒険』のアイディアが秀逸。と言いつつ、ここでも『プロデューサーズ』は充分に対抗馬になり得るのだが。ただし、ストレート・プレイ『インヴェンション・オブ・ラヴ』は未見。ご容赦あれ。

 衣装『フォリーズ』が獲るとしたら、ここ。ライヴァルは『プロデューサーズ』(笑)。

 照明は、装置で候補にならなかった『ジェイン・エア』。逆に、なぜ『フォリーズ』はここで候補にならなかったのだろう。

 大胆すぎる今回の予想、はたしていくつ当たるやら。


 トニー賞の発表は現地時間の 6月 3日夜。日本では翌日の朝になります。

(5/8/2001)


 トニー賞の結果はこちら

Copyright ©2001 Masahiro‘Misoppa’Mizuguchi

previous/next


[HOME]