ブロードウェイへ行こう!

 フレッド・アステア Fred Astaire が亡くなったのは1987年6月。その年の秋に出版されたある本に、ブロードウェイについてのこんな記述がありました。

 [ここには本物がある]

 そこには、さらに、こうも書いてありました。

 [ミュージカル、ショウ、バーレスク等は(中略)しばしば Entertainment と称されるが、(中略)これらの Entertainment は、日本にいては絶対に観られないたぐいのものであり、だからこそ、ぼくらは地球の裏側まで足を運ばねばならないのである]

 「時代観察者の冒険」(新潮社)に書かれた小林信彦氏のこうした言葉は、当時の僕にとっては天の啓示にも等しいものでした。
 その背景には様々な事情もあったのですが、それはこの際どうでもいい。とにかく僕は、小林氏の言葉に後押しされてブロードウェイへ行き、そして幸運にも“本物”に出会いました。
 以来、僕の人生は少しだけ変わったような気がしています。

 さて、僕は、こうした体験をあらゆる人に当てはめるつもりはありませんし、そもそも人に何かを勧めるのは苦手なのですが、このサイトにわざわざお寄りくださった方なら、ニューヨークに飛んでミュージカルを観るのはとてつもなく楽しい、という僕の言葉を信じてくださるかもしれません。
 何物にも代えがたい楽しさ、一度試してみませんか?
 みなさんも機会を見つけてブロードウェイへお出かけください。

 というわけで、初めての人ための体験的ブロードウェイ・ミュージカル観劇ガイドを書きました。
 ここまで詳しいのはなかなかないぞ、というのを目標にしましたので、きっと何かのお役に立つと思います。
 では、どうぞ。

  1. チケットを手に入れる(revised 3/20/2013)
  2. 劇場に行く(revised 4/19/2014)

(11/24/1997)

Copyright ©1997-2009 MIZUGUCHI‘Misoppa’Masahiro


[HOME]